« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.30

不都合な真実

070130ondanka
どこか他人事に聞こえてしまうかもしれないキーワード
地球温暖化”“京都議定書”“チームマイナス6%

米元副大統領・ゴア氏が、'89年から1000回以上続けてきた
地球温暖化が及ぼす危機について訴えてきた講演会を、
ドキュメンタリーにした話題の映画
不都合な真実』を観てみたい。

だけど残念ながら、県内では上映予定がまだ無い。
先日たまたま上京予定があって、その行きの便の中でも
全国紙に同映画についての記事が。
このタイミングを逃さず、さっそく東京で映画鑑賞。

「温室効果ガス排出量を−6%という目標さえも、
正直、間に合わないくらいに、“地球ピンチ”」
ということがよく実感できるドキュメンタリー映画だった。

地球温暖化がもたらすもののひとつ、
北極や南極の氷が溶けてしまうなら、
世界規模で都市など広範囲が水没するほか、
海流が止まってしまい、氷河期もやってくる。

この映画にはないが、当然ほかにも大きな影響がある。

広報『なは』2月号にも、切実な地球温暖化問題特集が。
こういう広報誌にも載るという時点で、
実は赤信号の“サイン”。

まずは、自分にもできること。そこからはじめてみたい。
沖縄の人気ブログ……

2007.01.26

五島福江島の第35代当主は、琉球王朝・尚家の末裔

070126
五島列島といえば、壇ノ浦の戦い(1187年)の後、
平清盛の弟・家盛が平戸から五島に渡り、
第1代 宇久家(宇久家盛/現 五島家)を名乗った
という伝承が残る島。

その第35代当主が、実は琉球王朝・尚家の末裔といいます。
実際に五島を訪ね、入念な現地取材を行ってきました。
そしてやはり、五島と沖縄には深いご縁がありました!
渾身のRIKレポートを本日公開予定。
http://okinawa.rik.ne.jp/index.asp
(2/1発売の離島雑誌『島へ。』にも掲載予定です)

沖縄の人気ブログ……

2007.01.23

寿[kotobuki]魂

Kotobuki_ph
結成20年となる寿[kotobuki]。広島(ナビィ)と沖縄(ナーグシクヨシミツ)が結ぶ20年の“音の旅”には、様々な出会いがまた宝。“出会ってくれてありがとう”のメッセージがそれを表し、その心が彼らの音になって循環してゆきます。

その20年の軌跡となるヒストリーブック『寿[kotobuki]魂』を執筆された國貞陽一さんから、“本には載っていない編集後記”を寄稿して頂きました。
http://okinawa.rik.ne.jp/contents/culture/book/095/index.html

沖縄の人気ブログ……

2007.01.22

ゾウのオリの中へ

070122a
読谷にある通称“ゾウのオリ”。
ここで、被爆ピアノ・コンサートを実現するのが念願だったと、
広島からピアノを運んで来られた実行委員のかた。

知花昌一さんに返還された土地で開催予定との事。
しかしここ数日天候は悪く、野外での演奏が実現できるか
ギリギリまで判断が難しかったところ、
想いが天に通じたのか、当日、雨はやみ、無事開催。

それにしても、ゾウのオリの中に入ったのは初体験のこと。
虫の音のような連続音、目眩がおこりそうな“場”、
真下から見上げる巨大なオリは圧巻。

オリの天上から、光がさしてきた。
沖縄の人気ブログ……

070122b

2007.01.19

沖縄初・被爆ピアノを聴いて

070119c
被爆ピアノ。

広島原爆の爆心地からわずか1.8kmの場所で被爆しながらも、
奇跡的に、ピアノ線の一本も切れずに、
今もその音色を響かせています。

生き残った子供たちに、ピアノを演奏してほしいと求められ
鍵盤からは癒しのメロディーが奏でられたといいます。
しかし、演奏はすぐに止められてしまいました。

大変な時こそ、歌に慰められたり、はげまされたり…。

沖縄の収容所では、カンカラ三線で歌い慰めあったといいます。

阪神大震災の被災地で電源無しで歌い続けたロックバンドは
『♪満月の夕べ』を作曲し、現場で歌い続けました。

そして今回、沖縄で初の被爆ピアノコンサートとなったのは、
また偶然にも、阪神大震災の1月17日と重なりました。

ピアニストの山田美智子さんは、ピアノの前に向かいながら
祈るのだそうです。
“今日も一緒に演奏しましょう”と心の中で唱えるといいます。

1曲目は、映画『月光の夏』より『♪月光』。
続いて、映画『戦場のピアニスト』より『♪ノクターン』。
そうやって1曲1曲をご自身で選曲したのには、
やはり意味が。

実は彼女こそ、今回初めて沖縄に被爆ピアノを呼ぶきっかけ
となったキーパーソンのひとりなのです。

21日最終日、彼女は再び、このピアノに向かいます。
沖縄の人気ブログ……

2007.01.16

“人・心・アート”っていうキーワード

070116
「アートって“選ばれた人”の為だけのものじゃないと思う」
 と語るyurippeさんの言葉に共感。

その彼女が今年からはじめるプロジェクトのコンセプトは、
“人と心とアート”だという。

その第一弾が、北中城に在住のvijay giriさんによる
アート・セッション。
「絵に、才能なんて関係ないよ。喜びを表現すればいいんだ」
まるで準備運動のように、絵を描く前に瞑想して心を整える。

「絵を書こうとしないで。自由に描いて」
“自由”っていうのがいちばん難しい。
それを小難しく考えないためにも、
瞑想でリセットするって、“頭でなく心”
鎧のような無意識のバリアを外して生身の体になるような。

だからなのか、心から自由奔放に描くことができた。
アートって心で描くものなんだね。
また、描くことにより心が整ってゆく。
いい循環∞
沖縄の人気ブログ……

2007.01.12

総力特集・泡瀬の京太郎

070112blog
昨年は“泡瀬ビジュルに行くといいですよ”と言われつつも
なかなか行く機会が無かったところ、
あるお祭りをきっかけに、泡瀬京太郎に情熱を注ぐ方々と
お会いすることができた。

そして、その泡瀬京太郎が、百周年を迎え、
記念公演を取材させて頂くことになった。

取材担当記者も気合いが入る。
泡瀬京太郎について、詳しいお話を聞かせて頂いた
副会長さんが、昨年の暮れ12月31日に他界…。

最後に、副会長さんから頂いた言葉を、
そして京太郎のことを、きちんと伝えたい。

もし、最後に取材に応じて頂いたのが、RIKだったとしたら、
それをしっかりと伝えなければならない使命は大きい。

国の無形民俗文化財の泡瀬京太郎。
http://okinawa.rik.ne.jp/
本日、夕刻、RIK記事にて掲載予定。

沖縄の人気ブログ……

2007.01.10

尚円王ゆかりの島から、島へ。

070110a
琉球王朝の第2尚王統の始祖となった尚円王・金丸は、
伊是名島の出身。
その伊是名島から、新星登場。伊禮俊一。
彼をいつか取材したいとは思っていたけど、
まさか、新春ライブのわずか3時間前に偶然が重なり
それが実現していくとは。またしても驚きのタイミング。
(さっそく、本日のRIKに掲載予定
070110b
偶然のタイミングはこれだけではない。
尚円王の子孫、尚家の人をまさか五島列島で
取材することになるとは! 予想外の大展開に、
その巡り合わせに驚くことに…。

五島に行くタイミングもここ最近では凄いものがある。
2年前は、祖母の夢枕をきっかけにしてはじまり、
1年前は、島興しに奮闘する青年達を急きょ取材する事に。
そして今回、五島で尚家の人とご対面する事となった。

お話を伺いながら、五島と沖縄のご縁の深さを知ることで、
なぜ自分が、今、沖縄にいるのか、
少しずつ、運命みたいなものを感じながら…。
これを後日、インタビュー記事にまとめることになりました。
沖縄の人気ブログ……

2007.01.08

もうひとつの新成人の日

060108a
きのう、ずっと気になっていた沖縄のあるカトリック教会を
訪ねてみることに。

丘の上にあって、そのたたずまいと十字架が印象的。
その丘をゆっくり歩いて登り、そして教会の扉を開けると、
そこはとても素敵な雰囲気に包まれていました。

朝のミサでは、新成人を迎える青年たちを祝福していたようで、
自分も、あらためて新成人になったような初々しい気持ちに。
そして、何かを新しく“決意”させられたような瞬間でした。

写真は、上五島の小さな教会。
ちょうど今朝のNHKニュースで、上五島からの生中継の映像が。

新成人に向けて、ブラウン管からのメッセージ。
「自信をもって前に進め」

まるで、シンクロしているかのようです。
沖縄の人気ブログ……

2007.01.05

夢を飛ばす

070105
沖縄の鳥人伝説のゆかりの地、黄金森。
鳥人“飛び安里”は、ライト兄弟よりも120年以上も前に
空を飛んだといわれる琉球の偉人。
その偉業を讃えて、地元では凧上げの大会が行われていました。
http://okinawa.rik.ne.jp/contents/okinawa/from/kite/index.html(新春RIKレポート)

また、沖縄にも伝統凧があり、
本島・宮古・八重山、それぞれ特徴的な凧を
拝見することができ、素敵な正月を楽しませて頂きました。

小浜島出身のおじいちゃんが手作りした八重山の伝統凧には、
大きく“夢”と書かれ、それが大空に舞っています。

その“夢”を飛ばすのは、息子さんとお孫さん。
「いつか自分もおじいちゃんのように手作り凧を飛ばしたい」
と、“夢”をふくらませていました。

まるで、嬉しいお年玉でも貰ったような、それは
得(徳)したというよりも、清々しい気持ち。
(お正月といえば、何よりもこの清々しい気分が好きです)

新しい時を感じています。
沖縄の人気ブログ……

2007.01.01

謹賀新年。いつもここからはじまる

070101b_1
謹賀新年。今年も皆さんにとって幸多い一年になりますよう。
初詣は、TVCMで沖縄成田山と連呼していたのでそこでお参り。

だけど、昨年の元旦に訪れたヤハラヅカサが
どうしても気になる。
去年も、とくに個人的な願いはしなかったけれど、
無事に1年を過ごせたことに感謝したいと思って。

それに、そこで見上げた雲がとても記憶に残るものだった。
丸く穴が開いていて、その奥になぜか2本の縦型の雲があり、
まるで2体の人間のカタチをしていて
それも、琉装をした男女に見えたという不思議な経験をした。
そのあと別の場所に足が向かい、驚きの展開を迎えることに

今年は沖縄成田山でよかったはずなのに?
結局、ヤハラヅカサへと南部に足が向かう。
途中寄り道をしながら辿り着くと、
そこでお参りをしている人たちが他にもいた。

初日の出の名所でもないこの場所に、なぜいるのだろう。
「どうしてヤハラヅカサなのですか?」と
彼らにインタビューしてみると、
会ってみたかった人のお知り合いだった。
070101c
色々な流れの中で、このタイミングで到着したとのこと。
自分もまた、成田山からここに辿り着いたことを告げると、
「成田山は人が作ったもの。だけど、
 ここは自然界そのもの」

「形あるものだけが大切ではないんです」

「昔は、心の中にあった自然に敬う気持ちが(人や自然に)、
 薄れてしまっているのは、今では学問が一番大事だと
 いう教えからして、おかしいとは思いませんか?
 頭で捉えるものではなくて、元来、心が大切なんです」

そんなメッセージが返ってきました。

元旦からのこの巡り合わせに、
そして、昨年とまるで同じ様な展開に、
もう偶然を超えたものと思い、
今年も、感謝から。
はじまりました!
沖縄の人気ブログ……

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ