« 謹賀新年。いつもここからはじまる | トップページ | もうひとつの新成人の日 »

2007.01.05

夢を飛ばす

070105
沖縄の鳥人伝説のゆかりの地、黄金森。
鳥人“飛び安里”は、ライト兄弟よりも120年以上も前に
空を飛んだといわれる琉球の偉人。
その偉業を讃えて、地元では凧上げの大会が行われていました。
http://okinawa.rik.ne.jp/contents/okinawa/from/kite/index.html(新春RIKレポート)

また、沖縄にも伝統凧があり、
本島・宮古・八重山、それぞれ特徴的な凧を
拝見することができ、素敵な正月を楽しませて頂きました。

小浜島出身のおじいちゃんが手作りした八重山の伝統凧には、
大きく“夢”と書かれ、それが大空に舞っています。

その“夢”を飛ばすのは、息子さんとお孫さん。
「いつか自分もおじいちゃんのように手作り凧を飛ばしたい」
と、“夢”をふくらませていました。

まるで、嬉しいお年玉でも貰ったような、それは
得(徳)したというよりも、清々しい気持ち。
(お正月といえば、何よりもこの清々しい気分が好きです)

新しい時を感じています。
沖縄の人気ブログ……

« 謹賀新年。いつもここからはじまる | トップページ | もうひとつの新成人の日 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

追記;
その後、RIKの『凧上げ大会』記事を読まれたという、
凧名人のおじいちゃんのお友達のかた(あの大会に参加された方)から、
嬉しいメールが届きました。

時々、RIKもご覧頂いていたようで、
今回の記事を、おじいちゃんたちにも回覧してくださるようです。
ありがとうございました。

また来年の凧上げ大会までお元気で、
おじいちゃんの手作り凧の新作も楽しみにしていますよ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢を飛ばす:

« 謹賀新年。いつもここからはじまる | トップページ | もうひとつの新成人の日 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ