« 旧正月に黄金色の幸運 | トップページ | 拝啓、稲嶺一郎殿。 »

2007.02.21

首里城を造った人物の宗家で御座楽

070221c
070221a
地元で人気のラジオパーソナリティーで名司会者の
大嶺正廣さんが、偶然を超えたような巡り合わせで、
「身震いしました!」と思わず言ってしまったのは、
彼が名付けた伝統文化発信基地“やがま家”の赤瓦家が
首里城を造った偉人・田場大工のむーとぅー家だった
ということ。

そこで、琉球王府時代に特別な儀礼で演奏されたという
室内楽『御座楽(うざがく)』が披露された事に意味深く思う。
http://okinawa.rik.ne.jp/contents/okinawa/from/tida/index.html

御座楽のメンバーには、久米三十六性を先祖に持つ方も。
この赤瓦家『てぃーだぬ やがま家』の主宰者もそのひとり。
070221b_1
よくみると、御座楽の復元に尽力された比嘉悦子先生自身も
楽器を担当。そして中国出身の二胡奏者を伴奏に
独唱までされるというシーンはなかなかお目にかかれない。

首里城を造った人物のトートーメーを前にして、
王朝の特別な儀式音楽『御座楽』が奉納されたことになる。
沖縄の人気ブログ……

« 旧正月に黄金色の幸運 | トップページ | 拝啓、稲嶺一郎殿。 »

今日のRIK」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首里城を造った人物の宗家で御座楽:

« 旧正月に黄金色の幸運 | トップページ | 拝啓、稲嶺一郎殿。 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ