« 尚寧王から尚泰王までを支配したもの | トップページ | 大城美佐子バイブル »

2007.02.14

安富祖貴子のふたつの“魂”

070214afuso
元々、ジャズシンガーではなかった安富祖貴子さんが
ジャズに転向し、その1作目から高い評価を受けている訳は?
彼女の歌、もしどこかで耳にしたら
なぜ、彼女の歌が支持されるのか、その理由が
理屈を超えて、あなたの魂に共鳴するかもしれない。

1st『魂』、2nd『マブイ(魂)のうた』、どうしてタイトルが
ほとんど同じなのか、それも歌を聴けば至極納得できるかも。
http://okinawa.rik.ne.jp/contents/okinawa/speak/ahusotakako/index.html

今回、撮影場所に選んだのは、
あるカトリック教会から正式に許可を頂いての撮影。
以前からリゾートホテルのチャペルで歌うことがあったらしい
けれど、カトリック教会に入るのは初めてだという彼女、
「いつもとは、ぜんぜん雰囲気が違うわ」
さすが、聴き手の魂を揺るがすアーティスト、
そこが本物の“場”と感じ取れるらしい。
沖縄の人気ブログ……

« 尚寧王から尚泰王までを支配したもの | トップページ | 大城美佐子バイブル »

「今日のRIK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10805/13910637

この記事へのトラックバック一覧です: 安富祖貴子のふたつの“魂”:

« 尚寧王から尚泰王までを支配したもの | トップページ | 大城美佐子バイブル »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ