« 大城美佐子バイブル | トップページ | 首里城を造った人物の宗家で御座楽 »

2007.02.18

旧正月に黄金色の幸運

070218a
旧正月の元旦は、天気予報では曇りというけど、
やっぱり初日の出を拝んでみたい。(晴れるといいな)
お正月の朝日を浴びてまた1年を健やかに過ごせますように。

天気予報は信じず、朝日が昇るはずの東海岸へ。
特別、晴れるような願掛けなどはしなくても、
幸運なことに、黄金色に輝くご来光を頂くことができた。
(この輝きをみなさんにも、おすそわけ)

お正月の朝は空気がいつになく清々しい。
070218b
そのあと、初詣には東海岸のある地域へとお参りに。
日頃の感謝とご挨拶、そして
平和な世(弥勒世)を祈願した後、
地元の方々がいらっしゃり、その雰囲気から
これから村をあげての旧正月の拝みがある様子。
あきらかに地元の方々しか集まらない大事な場なのに
幸運なことに、見学と撮影の許可を頂けた。
「但し、霊石は写さないこと」厳守。
070218c
村をあげての拝みのあと、地域の守り神に奉納したのは、
比嘉ノロさん自身による琉舞。
それを拝見させて頂く機会に恵まれ、感謝の年始めです。
沖縄の人気ブログ……

« 大城美佐子バイブル | トップページ | 首里城を造った人物の宗家で御座楽 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

クワさん、明けましておめでとうございます。

素晴らしい日の出ですね~。
『黄金の幕開け』となることを願うばかりです。
拝ませて頂きました。

素晴らしい元旦のご来光、ありがとうございます。
KUWAさんの写真はいつも引き込まれてしまいます。
比嘉ノロさんの琉舞、見たかったです。

YASUさん>
新暦の元旦に皆さんとの巡り合わせ。
また、旧正月でも強力に“動き始め”ています。
よろしくです!

銀龍さん>
一瞬の光景でしたが、
写真はそれを記録することができますものね。

この写真も大きく見せたいのですが
大きく印刷したものをまとめてみたいものです〜。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧正月に黄金色の幸運:

« 大城美佐子バイブル | トップページ | 首里城を造った人物の宗家で御座楽 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ