« 首里城を造った人物の宗家で御座楽 | トップページ | 辺野古。もし、そこが気になるなら。 »

2007.02.25

拝啓、稲嶺一郎殿。

最近、直感が冴えている。

「やんばるでぜひ行ってみたいところがあるんだけど」
という金城さんのお誘いに、
道中、“そこに行く意味がどうやらあるようだ”と感じ、
思わず、「今日のお誘いありがとう」と
まだ到着もしていないのに、つぶやく。

知らず、辿り着いたところは、
沖縄を代表する実業家の
故・稲嶺一郎さん(稲嶺恵一 前沖縄県知事の父)が、
沖縄の農業発展のために、経営・研究なさっていた
沖縄の近代農業の発祥地だった。
070225a
磁場エネルギーの強いところを開拓し、
沖縄のたんかん、シークヮーサーや、薬草類を
農業生産できるように研究、苗作りを行い、
それを農家に株分けしていったという
県産柑橘類の原点ともいえる場所。

また、稲嶺一郎さんといえば、
琉球の精神文化をとても尊重されていた方でもあり、
実業家でありながら、経済と精神世界とのバランス調和を
尽力されてきたかたとしても知られる。

現在、その志を受け継ぐかのように、
稲嶺積さんらが、“ひとつ先の理想郷”を作ろうとしている。

もちろん、周辺地域との調和もとても大切にされていて、
この日も、隣の集落の婦人会の方々などが視察に訪れていた。
070225b
“ひとつ先の理想郷”とは、
経済ばかりではなく、沖縄の精神文化も尊重し、
両方のバランスを調和がとれた社会の実現を
まずは、小さなコミュニティーからはじめようとしている。

拝啓・稲嶺一郎殿、ようやく辿り着きました。
沖縄の人気ブログ……

« 首里城を造った人物の宗家で御座楽 | トップページ | 辺野古。もし、そこが気になるなら。 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

尾関です。稲穂にお越し頂きありがとうございます!
これも一つのご縁と勝手に思っていますが、
私が作成した[琉球Blogネットワーク]というサイトに
是非参加していただけませんか?
サイトURL:http://www.edita.jp/okinawaken

参加するにあたり、日々何かすることが増える訳ではありません。
今までどおり、ブログの記事を書いているだけでOKです!

是非、ご参加いただければ幸いです。

お手数ですが下記のURLより参加、または参加拒否を決定頂ければ幸いです。
URL:
http://www.edita.jp/admin/sub_editor_answer.php?s=b2tpbmF3YWtlbg==&e=b2tpbmF3YWtlbjk0MTg=&i=MTYwNTk=

どうか宜しくお願い申し上げます。

管理URL:http://www.edita.jp/admin/admin_login.php
editaトップページ:http://www.edita.jp/
editaに関するお問合せ:http://www.edita.jp/admin/question_form.php

先日は稲穂に来て頂きありがとうございます。
出会いに感謝ですね!
パーティーなどある時には必ず声をかけさせてもらいます。
また、北部に来るときは必ず稲穂にまわって来て下さいね!再会出来るのを楽しみにしています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓、稲嶺一郎殿。:

« 首里城を造った人物の宗家で御座楽 | トップページ | 辺野古。もし、そこが気になるなら。 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ