« 朝日新聞の1面に掲載されました | トップページ | 尚寧王から尚泰王までを支配したもの »

2007.02.09

王家への呪縛

070208
以前、なぜ沖縄に神社があるのか?
なぜ、琉球八社は熊野権現なのか?
それを知りたい、と思いはじめてから1年程経つ。
(また、どうしてそんなことを知りたいのだろう?)

自分の出身である五島は、壇ノ浦の合戦のあと
平家盛(平清盛の弟)が渡ってきて代々島を治めてきた
という伝承が残る島。
また、奄美・沖縄にも平家の者たちが渡ってきたとも。

源為朝の息子と云われる舜天王は、実は平資盛だった
のではないかという説も。
(資盛の兄は、平清盛の嫡孫の平維盛)
平資盛については、奄美の喜界島に流れ着いたという
伝説もある。

何より、平家由来は熊野、ということに注目。
その時代、熊野から南方捕陀落浄土を目指し
琉球に流れ着いたのが禅鑑和尚で、
英祖王が手厚く保護し、浦添に極楽寺を建立したと云われる。
琉球の王家と熊野権現との関わりはその頃からか。

熊野三山の神社紋は、どこがどう偶然なのか
琉球王家・尚家の紋章と同じというところにも注目したい。

さて一方、1609年に琉球へ侵攻した薩摩の島津家は、源氏。
なのに、琉球侵略の際、尚寧王に書かせた『起請文』は
平家に縁のある熊野三山(三神)のシンボルが描かれた護符を
あえて使い、それに呪詛をかけた。

最後の王・尚泰の即位の頃まで、
熊野の護符の上に『起請文』を書かせ続けたという。
沖縄の人気ブログ……

(参考文献:『起請文』の呪縛を解け)

« 朝日新聞の1面に掲載されました | トップページ | 尚寧王から尚泰王までを支配したもの »

「沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

なかなか、興味深い事実ですネ!

>熊野三山の神社紋は、どこがどう偶然なのか
>琉球王家・尚家の紋章と同じというところにも注目したい。

そうなんですか・・・・
紋章が・・・・


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10805/13840467

この記事へのトラックバック一覧です: 王家への呪縛:

« 朝日新聞の1面に掲載されました | トップページ | 尚寧王から尚泰王までを支配したもの »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ