« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.28

阿部敏郎のアカシックレコード

Abe_376blog_r1_c1
Abe_376blog_r2_c1

フォークシンガーとしても有名な阿部敏郎さん。
実は、沖縄関連ブログでNo1人気のブロガーでもあるんです。

何が人気なのかというと、
心にそっと届けてくれるあったかいメッセージが
ブログにやさしく書かれていて、
それに共鳴する人たちが増え続けているんです。

彼は、20年ほど前に究極の神秘体験をし、
アカシックレコードと呼ばれる
宇宙全体の意識のデータバンクに触れたことがきっかけとなり
その時に知ったことを、できるだけわかりやすく読み解き、
自分の言葉に置き換えて、メッセージを送り続けているのでした。

彼の表現は、今では歌の他、ラジオや講演会でのトークだったり
ブログやそれを書籍化した『気楽にいこうね!』など様々です。

今なぜ、そういう“心”のメッセージを、
人は求めているんでしょう?
実は「もう20年も前から、ずっと同じことを言い続けてきただけ」と、阿部敏郎さんはおっしゃいます。
変わったのは世の中の意識のほう。

まさに今の時代にジャストタイミングだからこそ
必要とされているようですが、
ではなぜ今なのでしょう?

潜在意識の中にあったものから、
それぞれが少しずつ気がつきはじめる時期が来ようとして
いるのかもしれません。

それに気がついた時、意識をどう向けてゆくのか、
これからは、そこが一番大事なポイントとなりそうです。

阿部敏郎インタビュー前編:
http://ryuqspecial.ti-da.net/e1587193.html

阿部敏郎インタビュー後編:
http://ryuqspecial.ti-da.net/e1588456.html

そして、沖縄の人気ブログ

2007.05.24

ハンセン病だった私は幸せ (金城幸子)

070524blog2
「ハンセン病だった私は幸せ。
 だって、こうしてあなたと出会うことができたのだもの」

そんな言葉をかけてくれた金城幸子さん。

活字ではとても表現しきれない壮絶な人生を過ごしてきて、
怒り・憎しみ・恨み、そういったものを乗り越えて
「幸せ」と愛をもって言える幸子さんのハートに、

 言葉だけではない、真の愛をみた。

 勇気と活力に漲りながら、かつ
 このかたには“愛(ハート)”も満ち溢れている。

これからの時代にとても必要な“愛”というものは
こういうものなのだ、と教えてもらったように思う。

金城幸子インタビュー
http://ryuq.ti-da.net/
(本日[前編]、明日[後編]の連載予定です)

沖縄の人気ブログ……

2007.05.22

宮古の唄はどこへ。島々に捧ぐ

070522aagu_r1_c1
070522aagu_r2_c1
「宮古の唄はどこへ?」
以前、宮古島に行った際、
どこで本物の宮古の唄を聴くことができるのか
なかなかそういう機会に巡りあうことはなかった。

であれば、宮古の唄を紹介してゆく機会をつくろうと、
唄者・砂川国夫さんにご協力頂き、島々を巡ることに。

砂川さんがまず宮古に帰ったらご挨拶をする大事な場所が
漲水御嶽(ハリミズウタキ)という。
そこを起点にして第1曲目に選んだのは、
『♪とうがにあやぐ』。
http://ryuqspecial.ti-da.net/e1578440.html

目を閉じて、耳を澄まして聴いていると、
音で伝わってくるものがある。

こうやって、宮古の唄の旅は始まり、
行く先々の土地で、唄を捧げて歩いた。

誰の為にうたを唄うのか。

旅の途中、そこに気がついた。
どうやら、この唄を捧げている対象が
この島の古い魂へと奉納しているかのよう
雲からは光がさし、その土地が輝きはじめていった。

(それを写真に収めてみると…、撮れていました)

まずは唄を聴きながら、そしてどうぞご覧ください。

……沖縄の人気ブログ

2007.05.19

沖縄愛楽園に橋をかけるもの

070519a
070519b
先日取材を通してはじめて沖縄愛楽園を訪れることができた。
今回のインタビュー取材がきっかけで、ようやく訪問させて
頂けることに。“そんな遠い場所では無いはずなのに”

インタビュー中、何度も「見えたり聞こえたりはしないが
神様に助けられて生きてきた」と繰り返すほどの壮絶な人生。

前に向かって生をまっとうしようという意識(魂)には、
かならず大きな力(意志)が後押ししてくれる。
「だから“生きて”“命を粗末にしないで”というのが
 言いたくて。それが私のメッセージなんです」

そんな大切なメッセージのひとつひとつを聞き終えたあと、
ご一緒に園内をご案内して頂けることに。

教会、学校跡、防空壕跡、堕胎した赤ちゃんたちを埋めた浜、
声なき子供たちの碑、園が発祥した場所(洞窟)、
小さいころ遊んだ場所、先輩達が恋をした場所、
施設を逃げ出した時の想い出の場所、などなど。

驚いたのは、声なき子供達の碑、納骨堂、園発祥の洞窟の
大切な場所の上に、古宇利島の大橋を作ろうとしていた
ことがあったという……。その理由は、
「低コスト(最短距離)で橋を架けることができるからと」……。
その心なきエピソードのひとつからでも、
どれだけ、虐げられてきたのかが垣間見えてくる。

愛楽園に、コンクリートの橋でなく、
本当の橋“心の架け橋”をかけるもの
それはこのメッセンジャー、金城幸子さんに違いない。

金城さんの言葉を大事に記事にして皆さんにお届けしたい。
そう思っています。
沖縄の人気ブログ……

2007.05.14

にんじん食堂ありがとう。そしてHANAUTA

070513a
070513b
070513c
最近、首里にお気に入りの食堂をみつけた。
そこのBGMにはゆるやかな琉球音楽のCDが流れていた。
それが『HANAUTA』。この音、とっても優しいんだ。

もうひとつ、ずっと行ってみたかった食堂が
元壺屋で現在宜野湾にある“にんじん食堂”さん。
インターネットURUMA時代から、RIKでも長いこと
食のコラムを担当してもらっていたのに、
はじめて寄らせてもらったのは、お店がちょうど閉じる日。
それも、最後のお客さんとして。

昔の洋館造りの玄関をあがったら小物などが並んでいて、
そこに1枚のCDが。“あっ、HANAUTAだ”。

にんじん食堂といえば、『黄金定食』。
この料理のやさしさに、「心が嬉しい」って。
BGMには、もちろん、HANAUTAをかけてもらった。

そして、時間を忘れてしまった。

にんじん食堂のおふたりとも、
ゆっくりお話を伺うことができて、
あれ? でも昔から知っていたような?

最後に頂いてきた本が
『第1巻 自給自足的生活
 神様と自然に帰依して生きる』

ちょっと難しそうな本だけど、
「もっとシンプルに生きたいな」。
そのシンプルに生きるための智慧が詰まってそうな一冊。

そして購入したCDのHANAUTAとは、なんの巡り合わせか、
先月宮古島で、偶然にして必然的に出会った小山よしこさん
と、マサハさんの素敵な音楽。

それは、まるで波や風のよう。

心から「ありがとう」。にんじん食堂。
沖縄の人気ブログ……

2007.05.07

ホクレア号、ハワイからの火之神で沖縄から長崎を結ぶ

070507sun
本日15:45、ハワイからのホクレア号が長崎に到着。
それを知らず、ちょうど同じ頃の出来事。

ホクレア号Tシャツを着た長崎・五島出身の男Kが、
沖縄と五島を結ぶための祈願に立ち寄ったのは、
沖縄の火之神の大元(根)、といわれる縁の場所だった。
そしてハワイの女神は、火之神。

2日前にある地域の集まりで、出版業界の大先輩と出会い、
「そうか、五島出身なのか。
 ぜひ、あなたに追いかけてほしいテーマがある」
  と、大きな目標を頂いた。

一昨年は、同じ場所で、高良倉吉先生と初対面し、
「五島とはつながりがある」と言われたところ。

その1年後には、五島で沖縄と深いご縁の人と出会う。
 偶然だけではないものは必ず存在する。

さらに大きな今回のテーマを、
時間を掛けてでも達成するためには、
どうしても欠かせない手続きがある。
それは、“誓い”と言ってもいいかもしれない。

こちらは約束もしていなかったのに、正装して現れた宮司から
「30年前に、五島へと神事で行ったのだが、
 そこでその時、五島の氏神様から、
“御子を沖縄に渡す”と聞かされていた…。
 あれからずいぶんと待った! ようやく現れた」
  と、そう言われた。

偶然などはない。信じるかどうかは己の魂に訊こう。
……沖縄の人気ブログ

2007.05.05

沖縄の海も燃えている。

070505umi
夜、中部で海を撮影すると、
下から炎のような光がたちあがり、
そのまま、写真に映り込んだ。

先日ハワイから寄航したホクレア号の
女神ペレは、マグマ (ハワイの火の神)。

あの時期に、映画『地球交響曲 第6番』が上映。
また、宮本亜門さんたちが開催した『島や宝』では、
「近代技術によって、河川は元に戻せるが、
海だけは一度壊したら、人間の手(頭)では元には戻せない」
 と、福留先生からのお話は重要ポイントだった。

本日の県内最大級の海神祭・那覇ハーリーの
由緒ある本バーリーを前にして、
5月4日、ハーリー由来まつりにて御願。
ハーリー歌などが奉納された。

海に、大地に、感謝の真心を届けるのが
『お祭り』。
070505hari
そしてGW最大のお祭りが那覇ハーリーという海神祭。
この機会に、元来あった感謝祭の心を起きあがらせるか、
単なるイベントとしてこの機会を終わらせるのか。

このままいつまでも、
私たちの願いばかりを訊いてもらえるとは限りません。

海(地球)は生きています。
その大地(台)に人は生かされています。

台座を失う前に、気づけるのか。
そのチャンスは用意されています。

・近日中に、『島や宝2007』レポート掲載予定
・只今、ホクレア号レポート掲載中
 →ホクレアのアロハスピリットはギフト[前編]
 →ホクレアのアロハスピリットはギフト[後編]
・宮本亜門インタビュー・シリーズ3連発
 →宮本亜門インタビュー(1)
 →宮本亜門インタビュー(2)
 →宮本亜門インタビュー(3)

……沖縄の人気ブログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ