« 封印を解く。その4(この旅の終わりに) | トップページ | うるく巡りノート01:安次嶺の殿から見えてくるもの »

2007.06.15

うるく巡り[ノート00]

古い魂の眠る宮古島を巡る旅も終わり、
しばらくは一段落するかと思いきや、
またスイッチが入りはじめた。
Ork01
Ork02
Ork03
ある取材案件で、何のご縁か小禄を調べることになり、
また、ここが古い地場でありながら、
先の沖縄戦で、その原形を留めているところが少ない。

もう目には見えない姿をどうやって辿るのか?
また新しい旅がはじまることになった。

古い魂の島、沖縄。その中でもまた
今はその面影がわずかな、その古い土地を訪ねて。
沖縄の人気ブログ……

Ork04

« 封印を解く。その4(この旅の終わりに) | トップページ | うるく巡りノート01:安次嶺の殿から見えてくるもの »

島々を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うるく巡り[ノート00]:

« 封印を解く。その4(この旅の終わりに) | トップページ | うるく巡りノート01:安次嶺の殿から見えてくるもの »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ