« 大嶺の御願バーリー (うるく巡りノート03) | トップページ | ひめゆりの実像 »

2007.06.22

遠い渚へ (うるく巡りノート04)

明日、62回目の慰霊の日を迎える沖縄。

集落を旧日本軍に接収され、
戦後は米軍に、日本復帰後も自衛隊那覇基地として国有地化
されてしまった地域が、小禄の集落の中でもいくつかある。
Ork08b
古里へ帰るには、許可書申請などいくつかの手続きが…。
先祖が祀られ地域を護ってきた聖地へのお参りも、
公民館の屋上に作られた拝所から遙拝し
古里へとウトゥーシしている。
Ork08a
あの時の戦争は、終わったつもりになっちゃいけない。

癒しの島は、今もまだ、癒されきれていない島。

旧集落のハーリー唄で癒しておくれ。遠い渚へ。
http://ryuqspecial.ti-da.net/e1618031.html
(地バーリーのハーリー唄は関連取材記事にて)

沖縄の人気ブログ……

« 大嶺の御願バーリー (うるく巡りノート03) | トップページ | ひめゆりの実像 »

ryuQ取材を通して」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠い渚へ (うるく巡りノート04):

« 大嶺の御願バーリー (うるく巡りノート03) | トップページ | ひめゆりの実像 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ