« ひめゆりの実像 | トップページ | 答えは自分の中に +art work »

2007.06.24

鳥肌シンクロ +art work

070624art
この日はなぜか、何年かぶりにある曲を無性に聴きたくて、
劇場にゆくまでの間、うちの中でも車のカーステでも
リピートで何度も何度も繰り返し聴いていた。

映画ひめゆりには、余計な音は一切入っていなかったのだけど
はじめてスクリーンで観たときに冒頭に音楽が流れはじめた。
それがまさか、朝から何度も聴いていたあの同じ曲が?!
ここで流れてくるとは思いもよらず…、鳥肌がたった。

まったく同じ、マーラーの交響曲第5番第4楽章…。
すべてはタイミングだった。

なぜこの曲を選んだのかその理由を伺ってみたい。

「生と死、天と地を組み込んだ曲を使いたいと思っていた
んです。マーラーの交響曲第5番の中でも、
この第4楽章が魂の安らかさを表現する曲だったんです。」
 と監督。
「マーラーは、1901年からこの曲を作っていったのですが、
20世紀の混沌とした世界から、戦争が起こるような気配を
感じ取って、それを先取りするような鎮魂のようなもの
だったのかもしれませんね。」

何よりも大切な命というものを、大きさや形には表せないが、
「命どぅ宝。」という言葉がそれを表現する。

命は自分だけのものではないことを
art workで表現みることにした。
慰霊の日の前夜、夏至のこと。
沖縄の人気ブログ……

« ひめゆりの実像 | トップページ | 答えは自分の中に +art work »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥肌シンクロ +art work:

« ひめゆりの実像 | トップページ | 答えは自分の中に +art work »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ