« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007.09.29

中秋の月夜に、元ちとせを観る

070929
沖縄には、六種類のサガリバナがあるといわれますが、
一カ月遅れで咲いた北部にあるこのサガリバナは、
国内で他には無い種類のものだそうで
20本の木のわずか2本だけ、
中秋の月夜の下で、可憐な花を咲かせていました。

そして今日もまた北部へ。

名護のオーセンティックSKAバンド・マジェスティックスが
結成10年にしてアルバムをリリースし、そのインタビュー取材
の件で電話で連絡していた時のこと。

次のライブは?「土日のイベントの最終日(日)に出ます」
元ちとせも出演のイベントとの事。しかし、
日曜日はあいにくジャニーズ系アイドルの撮影仕事。

よく聞くと土曜に、元ちとせのバックにマジェスティックス
のメンバーが何名か加わるとの事。うわ、これは観てみたい。

その電話の最中、もの凄いタイミングのメールが1本。
「元ちとせも出演のイベントのチケットが当選しました。
よろしければ行きませんか?」とSさんからのメール。

いつも、ジャスト・タイミングに感謝!
……沖縄の人気ブログ

2007.09.28

工工四には無いその歌は、捧げ物

070927moon
十五夜には、各地で豊年祭が行われ、
今年は4年に1度行われている伊豆味の豊年祭が
開催の年と聞き、取材させて頂くことに。

伊豆味は操り獅子なども有名で貴重なのですが、
取材を進めてゆくと、伊豆味集落で
神々への奉納芸能として絶対欠かせないという演目は
また別のものでした。

それは、他では観たこと聴いたことも無いような舞いで
その工工四も存在しないとのこと。

棒術もまた、この集落にしかない『裏棒』という演舞を
拝見させて頂きました。

取材の2日後には記事にさせて頂きましたので、
皆様にお知らせします。
http://ryuqspecial.ti-da.net/e1758844.html

……沖縄の人気ブログ

2007.09.24

来たよドラゴン!

ふだんの生活のなかで、
自分に向けたサイン(合図)やメッセージを
みつけることがあったりしませんか?

たとえば、街の看板の文字だったり、
何気なくみた映画の中でとか、
車のナンバーなどの数字の並びだったり。

空の表情、雲や太陽の輝きの中にふと気づく事があったりも
するので、たまに空を見上げたりすることがあります。
070924d1
きのうは、龍にそっくりな雲がありました。
一番大きくて長い龍雲の写真をお届けしていますが、
まだまだいましたよ。

遙か昔から、世界各地でほぼ同じ姿で
龍が描かれ続けているのを不思議に思いませんか?

どこか顔つきまで似ていますよね。
070924d2
雲は雲でしかないようで、
受け取る人によっては、龍の時もあったりします。

心眼でみる人だけ?という特殊なことではないので、
どこかで自然との一体感を感じてみてはいかがでしょう。
……沖縄の人気ブログ

2007.09.19

写真展『天と地の結び』

なにも理由なんていらなくて、
それが偶然か必然かなんて確認しなくても
巡り会ってしまうことってありませんか?

今日はまた、まったく予定が無かったのに、
なぜか気持ちがパレットくもじに向きました。
そして、ピタっと辿り着いたところが、
070919blog3
高島圭吾写真展『天と地の結び』

普段は東京で商業カメラマンとして、そしてライフワークでは
富士山を、自然と一体化して撮り続けているという写真家の高島圭吾さん。

写り込んでいる富士の姿は、もうすでに写真を超えています。

そして、お正月に伊勢神宮で出会うべくして出会ったという
沖縄のスタッフの方に招かれて、
初の沖縄での撮影は、たったの5日間という短い滞在期間に
まるで奇跡のような瞬間の写真が撮れていったのだとか。
070919blog2
そう、彼の作品は「奇跡の瞬間」をとらえています。

その秘技は、富士山での数々の撮影で会得していったものだとか。
また撮影の前に、心を調えてから、というのもまったく同じ。
「自然と一体となって写真に映す人」、東京にもいらっしゃいました。

魂のままに撮られたのですね?
「そうですね。魂のままに。
 でもそれは、みんなも持っているものですよ」

自然(地球・宇宙)と一体化した
光のアート。

芸術の世界を飛び越えています。

(本日より23日(日)まで、リウボウホール(パレットくもじ7F)
 11:00〜20:30、最終日のみ17:00まで)

沖縄の人気ブログ……

2007.09.18

ジャニーズ∞

先日、平田大一さんの公演の取材で
那覇のライラというお店にいた時に、
「K島のU荘(平田家)を撮影してほしい」と
もの凄いタイミングのシンクロがあったけど、

また、同じお店ライラのすぐ横のカフェで
ある店舗のサイトの打ち合わせをした直後に電話。
「ジャニーズのある公演を撮影してほしい」と
東京の出版社より撮影依頼。

いったい、どういう繋がりなのかというと、
リアルな人脈(奄美関係)のご縁が結びついたもので
それについては不思議でも何でも無いのだけど、
そのタイミングが、ちょうど奄美シマウタの
唄者・朝崎郁恵さんが来沖した直後に
電話が入ってきた。
そのジャストなタイミングがとにかく凄くて、それも
2つ3つが同時にピタッと綺麗に折り重なってくる。

直接はそれぞれ関係無さそうなだけに、
いつもその絶妙なすべてのタイミングが
まるで精密にプログラムされているかのようで。

本当にコワイくらいだけど、でも恐れてはいない。
「それでOKなんだよ」っていうサインだと
気づくことで、また一歩、前に進めている。

無意味なものなんて一切無いみたい。

ひとつひとつに、存在の意味がある。

……沖縄の人気ブログ

2007.09.15

再演は、来年の1月19日(土)に決定!

070915_376
台風11号の影響で、県内イベントの多くが中止を余儀なくされましたが、
注目の朝崎郁恵+那良伊千鳥ライブも延期となり、
次回、再公演は、来年の1月19日(土)に決定!
(場所は、那覇の桜坂劇場にて)

昨晩、台風の中、お越し下さったファンの皆さんには
リハーサルステージが公開されました。

そのあと、出演者のみなさんは
暴風雨の中、桜坂の街の中へ。

朝崎郁恵さんと那良伊千鳥さんの歌の掛け合いで、
奄美シマウタの『♪行きゅんにゃ加那』の
歌垣の座となりました。
070914uta
1月19日の公演では、さらに濃密な歌の交流の場になってゆきそうな
そんな予感がしています。

2007.09.14

朝崎郁恵+那良伊千鳥ライブ本日実現!

070914blog
いよいよ、琉球弧の北の島、奄美出身の歌姫・朝崎郁恵と
南の西表島出身の歌姫・那良伊千鳥さんのライブが実現する。

そのライブ直前に、おふたりの対談も実現した。

取材現場は、リハーサルスタジオにて。
マイクを通さない朝崎郁恵の生の歌に、
那良伊千鳥は涙した。

「感動したいと思って涙したわけじゃないの。
その気持ちのこもった歌にふるえたのよ」

流行歌にはない、
何百年も歌い継がれた歌(言霊・音魂)を歌うこととは。

彼女たちの発した生の声を、速報記事にてお届けします。
070914blog_top2
http://ryuq.ti-da.net/

沖縄の人気ブログ……

※台風11号の影響で、本日の公演は、
 来年の1月19日(土)に延期となりました。また、楽しみにしています。

2007.09.08

オニヒトデからの宮古・八重山きっぷ

Blog_ph070908_2
古琉球の時代の八重干瀬(宮古)を舞台にした
平田大一の新作舞台が公演があった。

“オニヒトデは悪者じゃないんだよ”
というメッセージは、
八重干瀬取材でもよく感じたことだ。

その公演の開演直前に、一本の電話が入った。
「離島へ、撮影の仕事をお願いしたい」との案件。
とりあえず、舞台取材のあとに電話をかけ直す。

「ある離島の宿泊施設の撮影になります」とのことで
そこはK島という。平田さんの生まれ島だ。

施設名は?と訪ねると、
「U荘です」
え? U荘って、平田さんのご実家の民宿では?!

「そうです。平田さんの民宿です」

今先ほど平田大一さんの取材を終えたばかりと告げると
担当者もさすがに驚いていた。

平田さんが表現しているラインと、
自分の取材活動に一致する瞬間を感じる。
たぶん、シンクロというやつ。

このご縁、間違いなく偶然ではないと思い、
その撮影仕事をぜひ引き受けさせて頂くことに。

「撮影時期は、KUWAさんの都合に合わせます」

とのことで、フリー切符だ。……これは、

K島からの招待状か。それとも、
八重干瀬の竜宮からのきっぷか。

沖縄の人気ブログ……

2007.09.06

本部のシマエイサー

070906blog
平敷屋エイサーのルーツは名護(世冨慶)のエイサーが
ルーツではないかと。

さらには世冨慶のルーツは本部(瀬底)のシマエイサー
ではないかと。

ryuQの『エイサーの原風景を訪ねて』第二弾では、
その本部のシマエイサーにふれさせて頂くことになりました。
http://ryuqspecial.ti-da.net/e1729096.html

本部では地域によっては、
伝統祭祀のシヌグの中でも演舞される集落もあり、
実際に本部のシヌグ取材で拝見させて頂きました。

そしてまた、やんばるのシヌグ取材も
昨年からずっと続いています。

沖縄の人気ブログ……

2007.09.05

世冨慶エイサーに昔姿をみる

070905blog3
今年の旧盆取材は『エイサーの原風景を訪ねて』がテーマ。
やんばるのシマエイサーも、名護だけでも3回は通い、
シリーズ第一弾『世冨慶エイサー』の記事が出来上がった。

「平敷屋エイサーのルーツではないか」といわれる
世冨慶エイサーのこと。

人の噂だけで観た気分にはひたらずに、
実際に足を運んで見聞してゆくのとそうでないのとは
やはり、全然違っていた。

十分に懐かしいような光景を拝見したのだけど、
その気分だけで、見て知ったつもりにならないよう
地道な取材を重ねてみようと心掛けた。すると、
紅白のやぐらを囲んで踊りはじめたのも近代の事らしく、
その実際は、紺地の着方や鉢巻の衣装から、
太鼓や扇子ひとつまで、昔とは少し違うらしい。

世冨慶エイサーは、
昔歌を聴くことができるところも魅力のひとつで、
さらには、その昔歌を歌う地謡と、踊り手との掛け合いが
世冨慶の手踊りエイサーの醍醐味なのだという。

その本来の昔姿に戻そうと青年会も保存会も一緒になり、
地域の宝を大切に保存する事、未来に活かす姿を、
記事にしてお届けしたい。

総力特集『世冨慶エイサー』
http://ryuq.ti-da.net/
“エイサーの原風景を訪ねて”
 ……沖縄の人気ブログ

2007.09.04

世界はときどき美しい

070904sekai
人間と生理的に近い質感の映像が8mmフィルムなのだとか。
こんなにザラついているのに、懐かしくてやさしい。

TVでさえ、すべてクリアな映像がアタリ前の現代に、
今時、映画を8mmで撮った劇場作品がある。
女流カメラマンが写し取るものは、道ばたの雑草でさえ
美しく輝かせた。

そして、言葉があった。

言葉と1枚写真のような映像とが織りなすのは、
ファンタジーではなく現実の日常を描写した
「世界はときどき美しい」という映画。

僕らに、この映画を取材する機会が巡ってきた。
きっと監督も“巡ってきた”と感じたはず。

沖縄映画ではないが、ハート(志)の部分で
共通するものを感じた。

御法川監督と女優の松田美由紀さんと会うなり、
インタビューというよりも、
「なぁ、同志よ。とことん語り合おうぜ」という雰囲気で
それは“ミーティング”のようなものだったかもしれない。

何かを確認しあうように

「メディアの存在している意味とは何か?」
「そもそも、人に伝えるってどういうことなのか?」

8mmで描写した意味とは?なんていう技術的なことよりも
なぜ、今このような作品を世に出そうとしたのか、
そこで何を訴えたかったのか、
いつも、パンフレットには載っていないような
向こう側を、ryuQではたずねてみたくなる。

1時間なんて、あっという間に過ぎていった。

居合わせた4名、それぞれが
“巡り合わせ”を感じたひとときとなった。

「世界はときどき美しい」の特集記事は近日掲載予定。

追伸;
僕はあの画をみて、はっとした。
ノラテッコウ通信のケンタさんの写真にも同じものを感じる。
本日のryuQでは、ケンタさんの壁紙写真のタイトルに
同名の題名をつけさせて頂いた。
http://ryuqspecial.ti-da.net/(どうぞご覧ください)

……沖縄の人気ブログ

2007.09.03

ウンガミとウンジャミ

070903a
地元FM局のTさんより、
「KUWAさん、明日のウンジャミのことだけど」
と、何度も留守電が入る。

これもまたなにかの合図だと思い、塩屋と古宇利へ。
そこで、古宇利のウンガミを司った神人Aさんと再会。
昨年に続き、神人さんにインタビュー。
仕事というよりは、また魂の旅というものか。

塩屋と古宇利のウンガミ(海神祭)は、
なぜ、対になっているのかなど。
学問(頭)だけでは解明できない世界(心)がかすれてきている。

行事のあと、塩屋と古宇利の神人が合流し、
そこで結びをしていることは、案外知られていない。
070903b

……沖縄の人気ブログ

2007.09.01

旧暦7月19日行事に、エイサーと伝統芸能


070901blog
旧盆行事は、旧暦7月13,14,15日のほか、
旧16日の行事をする地域もあり、
さらには、旧19日に別れ遊びを行う地域もある。

手踊りエイサーの取材で通わせて頂いている地域では
旧16日に旗行事でエイサーとウスデークを奉納し、
旧19日には一連の伝統行事を締め括る。

旗も、通常の祭りなどで使われるものではなく、もう一本、
その集落の始祖が祀られている神屋に収められているもので
旗とはいっても、その意味合いが違ってくるらしい。

さて、この集落のはじまりは、尚真王の時代。
尚真王とここの大主が砂地だった地域を開拓し、
まず神屋やウタキを作り、
そして、行事を作って、村を形成していったのだという。
(さて、最近のキーワード“尚真王”とまた重なった)

区長さんは、
「ほとんどの集落行事は、神ニゲェ(神願い)。
拝所廻ったり奉納芸能をしっかり護っていかないと」

この集落の旧7月19日行事には、
エイサー、ウスデークに、神人も一緒に道ジュネーし
集落(旧集落)の四隅と、拝所を清めて廻る。

エイサーもまた特徴的で、
まず神々を招聘する所作からはじまり、
締め括りも、唐船ドーイなどのカチャーシーではない。

歌のひとつひとつも、
戦前からの昔歌で歌い継がれているところは稀少だと思う。
沖縄の人気ブログ……

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ