« 「ありがとう」 | トップページ | 出雲の泉 »

2007.11.27

ふしめの神在月

071127blog
10/26(旧九月十五夜)の伊平屋島からはじまり、
11/25(旧十月十六夜)の平田大一『南島詩人の世界』が
ひとつの“締め括り”になるのだろうと感じていたところ。

ちょうど、神在月の“締め括り”でもあったんですね。
八百万の神々が集会を開いている頃でした。

さて11/17のグスク公演では東儀秀樹・平田大一の両氏が
1対1で直接絡むシーンは組まれてはいなかったのですが
音と映像にて11/25にそれが実現となり、あの感動再び。
071126_098_3
11/17公演の朝、龍神から伝言を受けたというAさん。
その伝言を何故か自分がお預かりさせて頂くことになり、
なんとか本番前には、それを直接ご本人に伝えさせて頂いた。

公演翌日には、Aさんの元に再びその龍が現れ、
「伝えてくれてありがとう」
との言葉をうけとったのだそうで、
Aさんから御礼の電話が。
感動のおすそわけ、ありがとう。

もうこれで一通りのお仕事は落ち着いたかと思いきや、
それをまた記事にして表現する作業が残っていました。
そして可能な限り、龍のことも表現する予定です。

そしてなんと、11/25公演の直後に、
その龍からのプレゼントが届きました。
Aさんの手のひらに、まさかのまさか。

奇跡をありがとう。

 そしてみなさんにも
 感動のおすそわけです。

……沖縄の人気ブログ

« 「ありがとう」 | トップページ | 出雲の泉 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふしめの神在月:

« 「ありがとう」 | トップページ | 出雲の泉 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ