« 宇宙からみた伊平屋島から。キジムナー通信 | トップページ | NOの道、農の道 »

2007.11.03

南島詩人の宿る

“島”からの招待状が届き、先ず小浜行きの予定を決めた。

せっかく島にゆくなら、その島のお祭りも観てみたいと
思っていたけど、小浜の結願祭は旧暦8月頃開催の予定
なので今年は新暦10月頃だったはず。
ところが、不思議と重なる時は色々重なるもので、
ちょうど、自分の小浜行きと重なるという幸運。
長老たちの最終決定で11月初旬に開催確定となった。

さらには、小浜の結願祭が、今年、国指定重要無形文化財に
指定されたばかりとの事。

島からのプレゼントのようでもあり、実は、
“しっかりとこれを伝えなさい”と、島からのお仕事かな?

さて、その小浜島で宿泊したのは南島詩人の宿。
071103a
部屋には“星の道”“月の道”“太陽の道”と名前があり、
各部屋に、それぞれ詩が飾られている。

予約を受けた時点で、その旅人に合っていそうな部屋を、
受け付けたスタッフが直感で割り振るのだそう。
「KUWAさんの部屋は、“潮の道”だと思いました」
とのこと。その“潮の道”の詩を詠んでみる。

「島と島
  心と心
   すべてをつなぐ
    結びの道
     潮の道は結いの道」(南島詩人)

沖縄の人気ブログ……

« 宇宙からみた伊平屋島から。キジムナー通信 | トップページ | NOの道、農の道 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南島詩人の宿る:

« 宇宙からみた伊平屋島から。キジムナー通信 | トップページ | NOの道、農の道 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ