« このウタを捧げたい。島へ。 | トップページ | PRAYER(いのりぴとぅ) »

2007.12.20

黄金のこだま36

071220a
071220b
「安須杜(アスムイ)に登るには、それなりの手順を踏んで
気持ちを整えてから」と首里のあるかたから助言を
受けた人もいて、僕もようやく今回、御水取り行事の際に
登らせて頂く機会となった。

そしてこの山が、別名・黄金山とお聞きし、
今年のはじめに、あるかたに、
「北の黄金○○へ」とメッセージを頂いていた。
てっきり、東北あたりを思っていたのだけど、
沖縄北部の黄金山に辿りつく事になろうとは!
そして、心の旅の終点はここなのだろうか。
071220c
山頂に辿り着くと、これまでと同じく、
“ここで唄を納めたい”と思い、
まず、伊平屋・伊是名島に向かい2節。
奄美方面に向かい2節。
そして、東に向かい2節。

3回、計6節で、“みろく”。

弥勒世果報を願う古謡を歌わせて頂いた。
071220d1
071220d2
御水取り行事も無事終了し、
首里のみなさんとの打ち上げの中で、
何かを成し遂げたようなあとのお酒がおいしく、
そしてそのまま首里まち研究会に入会させて頂くことに。

これは“宣言”となり、何かの“はじまり”となった。
翌朝、首里と関係の深い伊是名島からのご縁が
より深くなる出来事が、立て続けに3件も入る(!)

そのひとつは、伊是名村から、
“島オコシ関連事業の委員”としての
お誘いを受けた。
光栄であり、ただただ驚くばかり。

これから、伊是名島と首里へ通う回数が増えそうだ。
この道はどこまで…どこまでも続くのだろう。
沖縄の人気ブログ……

« このウタを捧げたい。島へ。 | トップページ | PRAYER(いのりぴとぅ) »

島々を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

同じくあすむいに登った瞳です。
「それなりの手順を踏んで、気持ちを整えてから」
というのが、私にとっては綾門大綱や、首里文化祭での
飛び入り参加だったのかも・・・。
今はそう思います。

KUWAさんにも再会することができて、
ありがたいご縁です。今後もなにとぞよろしくお願いします!

ひっとみぃ~ さん>

こちらこそ。

また、首里でよろしくお願いしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄金のこだま36:

« このウタを捧げたい。島へ。 | トップページ | PRAYER(いのりぴとぅ) »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ