« 510列島 | トップページ | このウタを捧げたい。島へ。 »

2007.12.13

琉球と五島。目にみえないネットワークの絆

首里城復元期成会のかたより、
16日の辺戸の御水取り行事撮影についてメールが届いた時、
五島のある集落に辿り着いた瞬間でした。

それは雑誌『島へ。』の取材先で、
そこにたまたまいらっしゃったのが沖縄出身のかた。
五島で沖縄のかたとまたまた遭遇することに!
それも、同じ三線の先生に習っていたという
新垣優子さんでした。
新垣さんは大工哲弘先生のツンダラーズなどでも知られる
歌い手さんです。初めてお会いすることができました。

2年前、五島で島興しのゴスペルコンサートを
五島で初取材した教会の下にあるお店で、
またその青年たちが新垣さんともつながっていたり。
1年前に取材レポートさせて頂いた
五島家に嫁いだ尚家出身の先代当主が
唄三線を聴いて元気になられた時のお話等々、

そして驚くことに、彼女のルーツが辺戸。
メールを送って頂いた首里在住で辺戸出身の方の2軒隣で
彼女のお父様もまた辺戸の御水取り行事の復興を待望され
ていたというお話や、第2回目の行事では歌も奉納された
とのこと。
「僕は3日後に、その御水取り行事の撮影係なんです!」
と言うと、そっと手渡していただいたのが、
「辺戸の水で作ったアンダギーよ」と、
辺戸の実家から持ち帰ってきたばかりの
サーターアンダギーの黄金色の一玉が、僕には
とっても大切なつなぎの玉に思えてなりませんでした。
071213ay
魂のネットワーク、益々強力につながり続けています!

 沖縄の人気ブログ……

« 510列島 | トップページ | このウタを捧げたい。島へ。 »

五島列島を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琉球と五島。目にみえないネットワークの絆:

« 510列島 | トップページ | このウタを捧げたい。島へ。 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ