« 「魂を知る占い」2008年版 | トップページ | 空を見上げて/自然が教えてくれるもの »

2008.01.10

王朝時代の再生プログラム(水の巻)

080110photo_kuwa
首里王府公式行事の再現。

それは、首里城というハードだけでなく、
ソフト面でも、年間100以上あったといわれる行事を
復興させることこそ、本当の“復興”ということで、

現在、100のうち3つが蘇ったといわれ、
そのひとつが、『お水取り行事』。

お水取り、いわゆる“若水”とは、
元来人間は自然の一部ということで生命の源“水”を尊び
聖水を取り入れることで、
1年が経つのではなく、また1年若返りますようにと、
つまり“再生”を意味するもののよう。

若返る(長命)=国の安泰・繁栄。
この琉球の国(島々)は、もともと神(アマミキヨ)が創世
したといわれる島国。

琉球は、自然や神々と共にあり国(民)があった
のではなかろうかと想いを馳せながら。

そして現在、すべての人々の健康と平和のことを祈願した
行事(祭祀)として蘇り、息づいてゆこうとしています。

※本日、ryuQにて、
特集記事[前編]を公開中!
(明日は[後編]も続けて掲載予定です)

※関連記事:
『蘇り・再生の太陽と水』
http://sansin.air-nifty.com/simauta/2007/12/post_9127.html

……沖縄の人気ブログ

« 「魂を知る占い」2008年版 | トップページ | 空を見上げて/自然が教えてくれるもの »

ryuQ取材を通して」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 王朝時代の再生プログラム(水の巻):

« 「魂を知る占い」2008年版 | トップページ | 空を見上げて/自然が教えてくれるもの »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ