« 13年目の満月の夕べ | トップページ | 尊々加那志(とーとぅがなし) »

2008.01.18

ふたりの歌姫、島々の心をうたう

080118_kuwa
「歌で島の心を伝えたい」と活動されているおふたり、
奄美出身の朝崎郁恵さんと西表出身の那良伊千鳥さん。

その、「歌で島の心を伝えたい」とは?

那良伊千鳥さん:
「昔は人の暮らしと自然とのバランスが保たれた環境だった
 からこそ、今も歌い継がれる心の歌が誕生したんだと思う」
「本当の豊かさとは“心”の豊かさのことだと思うんです。
「歌は技巧ではなくて、人にその想い(心)を伝え
 共鳴してもらえるか、だと思うんです」
「その心に響く歌に癒されにきてください。
 癒すことが楽しんだことにもつながると思いますので、
 ぜひ島の心を聴きにいらしてください」

朝崎郁恵さん:
「今、奄美でも昔ながらの景観が失われつつあります。
 しかし歌は昔から変わらない。あの時の美しい景観を
 思い浮かべイメージしながら歌います」
「奄美島唄には、“親加那志が産んでくれたおかげで
 この世の明るさを見ることができた”
 と歌う島唄がありますが、親のことを、
“親加那志”と表現するくらい大事にしてきたこと。
 今の時代だからこそ、その心が大切なんです。
 だから、たくさんの若い人たちにも聴いてほしい」

ようやく明日、ふたりの初共演が沖縄で実現します。
(那覇・桜坂劇場/19:30〜開演)

朝崎郁恵+那良伊千鳥の貴重な対談インタビューは
http://ryuqspecial.ti-da.net/e1932167.html
(※琉球WEBマガジン『ryuQ』にて)

……沖縄の人気ブログ

« 13年目の満月の夕べ | トップページ | 尊々加那志(とーとぅがなし) »

島々を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふたりの歌姫、島々の心をうたう:

« 13年目の満月の夕べ | トップページ | 尊々加那志(とーとぅがなし) »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ