« 尊々加那志(とーとぅがなし) | トップページ | イッツ・ワンダフル!(ドゥルッティ・コラム) »

2008.01.23

暦と鼓動

080123umi
今日は、旧暦に行われる沖縄の伝統行事のことを
記事にするため原稿を書きはじめると、
つらつらと言葉が降りてきた。

「暦は、地球のリズムに合ったものに直すことで、
 本来の感覚を呼び戻せる」と、そんなコトノハ。

そもそも、なぜ日本はグレゴリオ歴(西暦)にしてしまった
のだろうか?

明治5年にグレゴリオ歴を公布した大きな理由のひとつに
閏月がある年は13ヶ月なので、新暦(西暦)にすることで
官吏の給料を年12回の支出に抑えることができるという
そんな都合によって、カレンダーが変わってしまった。

カレンダーが新暦に変化してしまうことで、
人は、地球の鼓動が聞こえにくくなってしまったのかも。

陸地の農作物は、旧暦のリズムで成長し、
海の魚たちだって、旧暦のリズムに沿って生き、
月も、旧暦のリズムで姿を現す。

地球の鼓動がわからなくなってしまうとどうなると思う?
だから、自然との調和が取れなくなってきているのだろうか。

 ちょうどこの日、旧暦の15日で、満月。
 そんなタイミングで心の中に響いた言葉だった。

・本日の記事参照:
http://ryuq.ti-da.net/
(沖縄WEBマガジン『ryuQ』)

……沖縄の人気ブログ

« 尊々加那志(とーとぅがなし) | トップページ | イッツ・ワンダフル!(ドゥルッティ・コラム) »

ryuQ取材を通して」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暦と鼓動:

« 尊々加那志(とーとぅがなし) | トップページ | イッツ・ワンダフル!(ドゥルッティ・コラム) »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ