« 「ありがとう」そして新しい時代に向けて | トップページ | 近況報告・3月号(てんこもり) »

2008.03.13

現代版・時之大屋子

080313blog_2
刻々と日々の暦は、地球の鼓動。

先日ある場で、「地球に耳をあてた事がある?」
というお話があり、「地球の呼吸が聞こえるのよ」
と伺ったばかり。
その暦(鼓動)が、ずっと気になっているのはなぜ?
http://sansin.air-nifty.com/simauta/2008/02/post_7ca9.html

時之大屋子という、時を司った存在にとても反応したり、
http://sansin.air-nifty.com/simauta/2007/12/post_9127.html

昨年の暮れ、辺戸の御水取り行事の際、その名を聞き、
翌日には伊是名島へ地域おこし事業で通う事になってゆく。
http://sansin.air-nifty.com/simauta/2007/12/post_0b31.html

「なぜ、島に渡り、
 そしてその意味を、
 あなたは知らなくてはならない。」
  と、昨晩Sさんたちと楽しく食事中に突然
  スイッチが入り言葉が降りて、その訳を知ることに。

伊是名と伊平屋の根本には、
人類創世の頃からの元々の種があるのだと。
(そして何で自分がそれ(時)に関係するのかって?)

「山に登りなさい」

あぁ、グスク山のことかな。
まず、島に渡ったらここと感じる場所だから。
http://sansin.air-nifty.com/simauta/2008/02/post_fa62.html

もうすぐ、春分の日を迎えようとしている。
ちょうどその時期に、そして僕は島に渡る。

●information:
伊是名島の島おこし劇「尚円王 〜松金がゆく」関連記事:
http://ryuqspecial.ti-da.net/e2018007.html
http://ryuqspecial.ti-da.net/e2018727.html

……そして沖縄の人気ブログ

« 「ありがとう」そして新しい時代に向けて | トップページ | 近況報告・3月号(てんこもり) »

琉球からの便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代版・時之大屋子:

« 「ありがとう」そして新しい時代に向けて | トップページ | 近況報告・3月号(てんこもり) »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ