« もうすぐ、お届けします。 | トップページ | さんば仙人 »

2008.03.05

目からウロコだった「三線の日」

080304a
3月4日『三線(さんしん)の日』が制定される以前から、
地元読谷では三線の始祖である赤犬子へと、
感謝の奉納芸能を捧げて続けてきたという。

それも3月4日ではなく旧暦9月に執り行っていたとの事。
それはなぜか?

三線の始祖・赤犬子が祀られている赤犬子宮にゆくと
気づく人もいると思うのだけど、
お宮には稲穂などが描かれている。

そして踊り手をよくみると稲粟を手に舞っている。

かつて赤犬子は、大国より麦粟などをもたらしたという。

三線の始祖は昇天(旧9月)の後、この地域の守り神になり、
実は、五穀豊穣を願い叶える神でもあるのだと。

そして世果報、アーマン世へと導き、
村(邦)の安寧を見守っている赤犬子に感謝を捧げる、
さんしんの日のもうひとつの光景。

沖縄からの微熱な……人気ブログ
080304c

« もうすぐ、お届けします。 | トップページ | さんば仙人 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目からウロコだった「三線の日」:

« もうすぐ、お届けします。 | トップページ | さんば仙人 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ