« ryuQ(リュウキュウ)と大きな輪(オキナワ) | トップページ | 浜下り、地球にロックオン! »

2008.04.05

朝崎郁恵とよなは徹の歌会/沖尚と和尚

奄美シマウタの朝崎郁恵さんと、
沖縄民謡界の若手実力派よなは徹さんの歌会ライブが、
4月7日(月) 19:30から、コザミュージックタウンで
開催されます。題して、
『国道58号線 うたのたび 〜 沖縄-奄美編 〜』
http://www.asazakiikue.com/news/index.html#1206080014
58号線でつながる歌の旅。
080407aszk
ところで、奄美シマウタといえば、
『いきゅんにゃ加那』というシマウタが、
アジアのある国の鳥葬歌に似ているともいわれたり。

きのう御縁あって、アジアの高僧のかたと、
ご一緒する機会に恵まれました。
ラッキーは重なるようで、移動バスでは、お隣。
そこで、心の声が呼びかける、
“あの歌を聴かせたらいい”。(そんな無謀な;)

さらに、まるで準備されていたかのように、
バスの中に、三線が置いてあった。これはタイミング。
奄美の『いきゅんにゃ加那』を聴いて頂くことに。

「そのメロディーは、馴染みのあるものですね」
通訳のかたを通してそのようなお返事を頂きました。

そして、平和祈念堂へ。
ご丁寧に比嘉館長さんからご案内頂くことになりました。

その後、少し時間が空いたので、
前日に教わった仏教の瞑想方法で、さっそく
各県の慰霊碑に向かって行ってみよう。
ほんの少しでも鎮魂することになれば、と。

ひと通り終わり、小さな売店に入ろうとすると、
ラジオから大きな音で、甲子園の優勝結果が。
「沖尚は、9点とったよぉ〜」とお店のおばあちゃん。

あとで録画ビデオでみようと思っていたけど、
その瞬間をお祝いする事ができて嬉しかったですヨ。

……そして、沖縄からの微熱な人気ブログ

« ryuQ(リュウキュウ)と大きな輪(オキナワ) | トップページ | 浜下り、地球にロックオン! »

ザ・島唄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝崎郁恵とよなは徹の歌会/沖尚と和尚:

« ryuQ(リュウキュウ)と大きな輪(オキナワ) | トップページ | 浜下り、地球にロックオン! »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ