« いま二人が一番伝えたい大切なこと(船井幸雄+中丸薫) | トップページ | 光の自動記述・決定的瞬間 »

2008.05.24

チベットチベット〜マザーテレサ

080524blog2
希望(想い)が“物事を呼び寄せる”事ってありませんか?
例えば、最近どうしても気になるテーマがあれば、
それに答えてくれるかのように、関連する出来事が続いたり
鍵となる人との出会いがあったり、巡り合わせで関連する本
や映画をみる機会に恵まれたりしながらヒントが繋がって
ゆく事が、案外あったりします。(それが欲望では無い場合)
夢(希望)は現実にできる。今日はそんなお話です。

先日、アジアの高僧との出会いからまた一つテーマが増え、
関心が呼び寄せるかのように、映画『チベットチベット』を
西原町のキリスト教学院大学で拝見する機会がありました。

映画は、青年が世界旅行を通じて、ニュースをみているだけ
では伝わってこない現実を知り、関心を行動(取材)に移して
その記録をまとめ、世界に公開した映画です。

アジアを巡りながら行き着いた所、そこがチベットでした。
チベット亡命政府のあるインドからチベット自治区
まで渡り、何の利害関係にも縛られない純粋な取材活動が
ありのままのチベットの現実を伝えてくれるものでした。

チベットの首都ラサとは「神の国」を意味するほど、
99%仏教徒の民は、一日中マントラ(祈り)を捧げていた
ような平安な邦だったのです。

「一番の破壊は、その精神(金や物による)の破壊だった」
と元琉大教授から、映画のあとにさらに詳しい解説があり、
「世界中から非難されてもその領土は手放さないだろう。
なぜなら『資源(ウランや石油)』がある事と、
『核実験(空中核実験を含む)』の実験場(!)として、
チベットが返還されるのは現実的にかなり難しいだろう…」

せめて人としての心の部分だけでも自由にしてほしいと
「FREE TIBET」と声をあげているのだといいます。
せめて、『人権』と、本当の『自治権』だけでも…。

では、どうしたらいいのだろう?
「私たち人間はこの地上に何の為に存在しているのか?
その時期は必ず来るので、世界中が愛に満ちるように、
自由と平和を、祈り続けてください」
 それが教授からの言葉だった。何よりも「愛」と言う。

「愛」とは容易に誰でも口にして言えるのだけど、
「愛」を実践するのは難しい。

まるで、それに答えてくれるかのように、その翌日、
「愛」を実行し続けたマザーテレサの映画試写会があり、
目からウロコ(涙)のアンサー(答え)がそこにありました。

「愛は地球を救う」を実践し証明したドキュメンタリーに
強い希望が漲ってくる、愛に満ちあふれた記録映画です。

 映画『マザー・テレサ メモリアル』
 (母なることの由来+母なるひとの言葉)

 6/14土〜27金(那覇・桜坂劇場)
 6/28土・29日(宜野座村がらまんホール)
 7/3木・4金(沖縄市小劇場あしびなー)
 
 ……沖縄のキセキな人気ブログ

« いま二人が一番伝えたい大切なこと(船井幸雄+中丸薫) | トップページ | 光の自動記述・決定的瞬間 »

そして、これから」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆彡
PCまたまた不調でなかなかblog巡りが出来ません(>_<)
尊敬するマザー・テレサの映画が上映されるのですね♪
情報シェアしてくださり、感謝! O(-人-)O 感謝!
是非、観に行こうと思います♪

mitchyさん、ぜひぜひ^^

いい情報はみんで共有できたらって、
そんな思いで地道にブログもやっていますので、
どうぞよろしくお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チベットチベット〜マザーテレサ:

« いま二人が一番伝えたい大切なこと(船井幸雄+中丸薫) | トップページ | 光の自動記述・決定的瞬間 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ