« ゴールは決めないこと。無限大だから。 | トップページ | こちら(誓い)とそちら(御縁)のシマとの対話 »

2008.06.14

原点に還る「大好きがいちばん」

080614c
「自分が心から喜ぶことをしたほうがいい」
「好きが、何より一番」そんな事を感じたエピソードです。

海の暮らしと自然崇拝をテーマに撮り続けている写真家の
古谷千佳子さんに、インタビューでお話を伺いました。
その際、原点のような機材をはじめて使ってみることに。

ふだんは、便利な仕事道具に慣れてしまっているものの
ちょっと不便でも、それを使ってみたい理由がありました。

古谷さんも同感らしくて、
彼女は、マニュアルカメラのライカを携えていました。
このほか普段着感覚で使えるのも持ち歩いているとのこと。
いつもは海人写真専門の印象でしたが、
“ほんとうに撮ることが好きなんだなぁ”って。

そして夕方は、沖縄市へ。
エイサーの新曲を発表したばかりの照屋林賢さんは、
カメラ好きなミュージシャンとしても知られていますよね。
舞台挨拶でもカメラを持ちながらスピーチしていた林賢さん。

愛機をみせてもらうと、2000万画素のカメラでした。
話もそこそこに写真をバシバシと撮りまくっている姿に、
“ここにも大好きな事をして輝いている人がいた!”
080614a
最近、あまり持ち歩かなくなりはじめていたところ、
そこからもう一歩踏み出すために、自分なりの答え、
それが「いつでも原点に還ってみよう」でした。

りんけんさんや古谷千佳子さんたちのように、
“心から好きなこと”を追究した人たちの姿に、

「せっかく生まれてきたのだから、
 本来、自分が心から喜ぶことをしたほうがいい」と。

それを実践している人たちは、とても輝いていましたね。

……沖縄のキセキな人気ブログ

« ゴールは決めないこと。無限大だから。 | トップページ | こちら(誓い)とそちら(御縁)のシマとの対話 »

そして、これから」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原点に還る「大好きがいちばん」:

« ゴールは決めないこと。無限大だから。 | トップページ | こちら(誓い)とそちら(御縁)のシマとの対話 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ