« 朝崎郁恵のうた、母なる大地の声 | トップページ | 宙のしるし »

2008.08.06

琉球と五島に「宝舟」を渡す

080806aragaki
琉球と五島の御縁をつなげたい。願えば、叶うもので、
琉球の尚家のかたと五島で出会ったのは約1年半前。
それも第35代 五島家当主だった。尚家のかたが五島家に!

その翌年、やんばる出身で五島在住の新垣優子さんと出会う。
彼女は、第34代当主のもとへ尚家から嫁いだ最後のお姫様と
いわれた方と、五島邸でお会いしたことがあるという。

しかし嫁いだ先の五島家第34代当主(盛輝氏)は、
原爆で被爆してしまい、五島には戻って来られたものの、
妻や家族の看病の甲斐なく、若くして亡くなられた。

ここにも、原爆の被害者が……。

当主亡き後、戦後60年間たったひとりで五島家を守って
きた彼女も90歳を越え、そして寝たきりになっていた。
そこに、故郷沖縄の歌を謡う人と出会った。

しばらく帰っていない故郷の歌を、一緒に歌ったり。
人見知りだったその方も次第に心が解け合っていった。

「そのかたの誕生日の日には、紅型を着て伺うと
寝たきりだった彼女も口紅をつけて、
そして一緒に故郷の歌を謡ったりしましたね。
故郷の歌の力は凄いと思う。」
と、当時のエピソードをそう語った優子さん。

琉球王家出身のその方や、新垣優子さんは五島へ。
そして、五島出身の僕は、琉球の地にいる。
少しでも何かの架け橋役になれば、と。

今朝の夢は、中世の時代に五島と琉球の架け橋役
を担っていた頃に遡る。
夢の中で僕は、琉球に「宝刀」を運んでいた。

……そして、沖縄からの微熱な人気ブログ

« 朝崎郁恵のうた、母なる大地の声 | トップページ | 宙のしるし »

五島列島を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

ハイサイ。こんにちは~
初めまして。うこんと言います。よろしくお願いします。

さて私の母親も五島奈留島の出身です。

名前も新垣です、何か優子さんの歌声聴いてみたくなりました。

今後ともよろしくです~(笑顔)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琉球と五島に「宝舟」を渡す:

« 朝崎郁恵のうた、母なる大地の声 | トップページ | 宙のしるし »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ