« 自動書記・エイサー始祖の仏教僧と尚寧王 | トップページ | [シマのSOS] 手つかずの大自然に手をつける人々へ。 »

2008.08.31

沖縄初!チベット人が日本語で語るチベットの真実

080905a_s360
新聞など県内マスコミ報道で既にご存知かと思いますが、
本日午後2時より、豊見城市中央公民館中ホール(2階)にて
『生きた人類遺産のチベットを正しく知ろう!』
という催しがあります。

ドキュメンタリー映画『慈悲を生きる』(日本語字幕)
(原題: Compassion in Exile/上映時間: 約60分)

そして注目は、このドキュメンタリー映画の上映のあと、
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所のラクパ・ツォコ氏の
公演が、約40分間の予定で開催されます。

沖縄初!チベット人が日本語で語るチベットの文化・歴史と
その現状をお伝え頂くことになりますので、
これは貴重な機会になる事と思います。
(質疑応答の時間もあります)

日 時:8月31日(日) 午後2時から4時30分頃まで
場 所:豊見城市中央公民館中ホール(2階)
   〒901-0212 豊見城市字平良467番地の1
   TEL:098-850-3280 FAX: 098-850-2374
入場料:一般:1,500円 学割:1,000円
   (中学生以下は無料)


※ご参考まで:インターネットで得れる情報網:

1. ダライ・ラマ法王日本代表部事務所のホームページ:
 ラクパ・ツォコ氏あいさつ
http://www.tibethouse.jp/home.html
http://www.tibethouse.jp/japan_office/representative.html

2. ダライ・ラマ法王日本代表部事務所の出版物
 「ダライ・ラマが説く思いやりの心」
  +「ダライ・ラマ 平和のメッセージ」各800円
http://www.tibethouse.jp/japan_office/books.html

3. 豊見城市中央公民館の案内:
http://www.city.tomigusuku.okinawa.jp/index.php?oid=106&dtype=1010&pid=2

 →そして、沖縄の人気blogランキングはこちら

« 自動書記・エイサー始祖の仏教僧と尚寧王 | トップページ | [シマのSOS] 手つかずの大自然に手をつける人々へ。 »

そして、これから」カテゴリの記事

コメント

貴重な情報をシェアして頂き、ありがとうございました(o*。_。)oペコッ
会場に行けないのが残念ですが…
残業片付けたらじっくりと読ませて頂きますね。

またぜひ。そして、
いつか沖縄にも、ダライラマさんが来られるといいですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄初!チベット人が日本語で語るチベットの真実:

« 自動書記・エイサー始祖の仏教僧と尚寧王 | トップページ | [シマのSOS] 手つかずの大自然に手をつける人々へ。 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ