« かなたではなくて「みなもと」 | トップページ | 「宇宙(そら)の約束」映画化 »

2008.10.29

琉球八社・沖宮の根元

様々な出来事がリンクし続けている。先日の話の続きで、
ちょうど、雑誌うるまの原稿(那覇大綱挽)締切日の当日、
那覇大綱挽とゆかりのある場所をフィールドワークする事に。
戦前の那覇の中心地だった昔の道を追うように歩き続けた。

その起点に、もとの沖宮(沖権現)の場所・沖之寺跡が。
沖権現は、戦争で焼失してしまったが、
宮司さんに「沖宮を復興せよ」と神託があったといい、
そして今現在、琉球八社の沖宮は奥武山に移っている。
戦前までは通堂にあったのだ。(お寺の臨海寺は曙へ)
今でもひっそりと倉庫のような場所の中に佇んでいた。
081029blog1
エイサーの始祖・袋中上人も琉球神道記の中で、沖宮の事を
「熊野神と見へたり、(中略) この社じつに貴ぶべし」と
書かれている。

そして、袋中上人の桂林寺があった方面に向かう途中、
かつて那覇大綱挽(四町綱)が行われていた場所に辿りついた。
081029blog2
『月刊うるま12月号』に、今回執筆した那覇大綱挽記事が
掲載されます。発売日は12月3日です。(よろしく)

  ……そして、沖縄からの微熱な人気ブログ

« かなたではなくて「みなもと」 | トップページ | 「宇宙(そら)の約束」映画化 »

そして、これから」カテゴリの記事

コメント

びっくりです、KUWAさん!
マイミクさん二人がほぼ前後して同じ場所の写真をUPしてるなんて。
というわけで、繫いでいっちゃいます。
http://mayaaa.ti-da.net/e2331465.html
何が繋がってるのか私にもさっぱりわかんないけど。^^;

こらぁpyoさん!
なんつって

記事はすでに読んでいたこともあって、わたしもびっくりしました。
今日、「ここへ行きなさい」と言われ
相手の方が場所の説明を始めたとき、
「ほら、船に乗せるあの四角いやつ・・・
なんだっけ」とおっしゃったので

「大丈夫です、コンテナの間でしょ?」と言ってしまいました(笑)

「KUWAさんの写真とカブるな~。
ま、バレないバレない♪」と撮ってみたら
pyoさんにバレてしまった、という・・・(汗)


舟玉大明神、海路平安と書いてありましたね!

pyoさん>
うむうむそうでしたか。
なんというタイミングなのでしょうネ。

雫さん>
あの文字は、「舟玉大明神、海路平安」と
書かれていたんですね。
お知らせありがとうございました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琉球八社・沖宮の根元:

« かなたではなくて「みなもと」 | トップページ | 「宇宙(そら)の約束」映画化 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ