« ほんとうのちから。那覇大綱挽の巻 | トップページ | 琉球八社・沖宮の根元 »

2008.10.23

かなたではなくて「みなもと」

081023kuwa
先日の日記の続き。
那覇大綱挽のこと、ryuQに書いて終わりではないみたい。

大綱挽のキーパーソンと出会った際に、
「話を伺いなさい」と心の声はしていたのだけど、
いよいよその機会が巡ってきた。
急きょ追加取材が実現し、雑誌にも掲載することに発展。

その人物は、大綱復活の年から関わられているかたで、
今年で、綱のトップを引退する。
「たとえ転勤になっても大綱挽の時は帰ってきなさい」
と叔父との約束を現在まで固く守り続けてきたという。

その叔父というのが、那覇大綱挽の復興に尽力を注いだ
初代の保存会会長の事だった。
その魂を受け継いでいらっしゃるのですね…。

そして、なんという御縁と巡り合わせなのでしょう。
2年前に“本来の大綱挽のことをしっかりお伝えしたい”
と誓いのような願いが、強力に結びつき、叶う。

「願い(にがい)が叶い(かない)」は、かなたではなくて
 いつもここにある。にらいかないは「みなもと」

WEBマガジン「ryuQ」の編集後記より


 ……そして、沖縄からの微熱な人気ブログ

« ほんとうのちから。那覇大綱挽の巻 | トップページ | 琉球八社・沖宮の根元 »

ryuQ取材を通して」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かなたではなくて「みなもと」:

« ほんとうのちから。那覇大綱挽の巻 | トップページ | 琉球八社・沖宮の根元 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ