« ナビィの日、結びの日 | トップページ | 独り占めじゃない世界(精霊を呼ぶ太鼓in沖縄〜) »

2008.11.10

「人類皆ジャズメン」屋良文雄インタビュー番外編

屋良文雄
「人生というのは“自分探しの旅”みたいなものですからね。疲れを知らない子供のように、楽しいことは時間を止めてしまうようなもので、すごく楽しいんですよ。朝目覚めると、すぐにピアノに向かいますね。」

「何が楽しいかというと、自分の宝探しというのは浪漫があってね。今日は自分の中から何が出てくるのだろう、と毎日毎日掘り続けている自分が楽しいですね。」

「それは新曲のフレーズを探しているのではなくて、“自分の心”を掘り続けているという意味なんですよ。」

沖縄のジャズ界の重鎮である屋良文雄さんにインタビューするきっかけとなったのは、彼が会長を務める沖縄ジャズ協会のビッグバンドのレコーディング現場に、たまたま立ち会わせて頂く機会を頂いたことから始まりました。それも突然のことでした。

そしてそのすぐ数日後、県内の写真界の大先輩がたと2次会で連れて行ってもらったお店が、また偶然にも屋良文雄さんのお店だったのです。

「ジャズの魅力というのは、地球60億人の人間がそれぞれ個性を持っている。そういう意味でも人類みなジャズメンだと思うんですね。そして“この瞬間”を弾いている人も聴いている人も、同時で楽しみながら作ってゆける、それが醍醐味ですね。」

屋良文雄インタビュー[前編]
http://ryuqspecial.ti-da.net/e2345698.html

屋良文雄インタビュー[後編]
http://ryuqspecial.ti-da.net/e2346590.html

(年代物の古酒のようなメッセージ集を、どうぞご覧ください。)

 ……そして、沖縄からの微熱な人気ブログ

« ナビィの日、結びの日 | トップページ | 独り占めじゃない世界(精霊を呼ぶ太鼓in沖縄〜) »

ryuQ取材を通して」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人類皆ジャズメン」屋良文雄インタビュー番外編:

« ナビィの日、結びの日 | トップページ | 独り占めじゃない世界(精霊を呼ぶ太鼓in沖縄〜) »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ