« 写真家高島圭吾「天と地の結び(神の住む沖縄)」カレンダー展 | トップページ | 自然(ふるさと)に帰る。 »

2008.12.19

天神さま学習帳

ミラクルが起こるのは沖縄にいるからなのだろうと思って
いたけれど、全国どこに行っても、いつでもやってくる。
その【福岡編】。

福岡へ向かう飛行機は旅割のエコノミー席だったはずなのに
航空会社の都合でラッキーにもビジネスクラスの席に。
地下鉄の乗り放題キップもたまたまその日は5百円と格安。
天気予報も雨だったのが、晴れに。
なんだか、歓迎してくれているみたいな。

まずは福岡の地にご挨拶と御礼のため、太宰府天満宮へ。
(そこで見つけたのがこれ、天神さま学習帳。
天神様こと菅原道真の事を分かりやすく解いたノート本です)
081219blog
そのあとはごく普通に、ぶらりと観光のつもりでした。

地図をみて、ふと気になったのが元寇資料館という文字。
ガイドブックにそこの観光案内は載っていなかったけれど
自分が気になるところなので向かってみると…
081219blog2
辿り着くと、そこには高さ23メートルの日蓮聖人の巨像が!
なぜ日蓮聖人なの? どうやら元寇の襲来を予言したのが
このお坊さんだったそうだ。

“神風が吹き元寇を撃退した”として、後の神国思想に。
それは、日本は古来から惟神(かんながら)の国で、
13世紀に襲来した元寇退治を、その証明という事にして、
明治維新以降、それがさらに戦争へと近づいていく事に…。

ところで、なぜここに辿り着いたのだろう?
高くそびえ立つ日蓮さんの銅像の前に佇んだ。
……そして、沖縄からの微熱な人気ブログ

« 写真家高島圭吾「天と地の結び(神の住む沖縄)」カレンダー展 | トップページ | 自然(ふるさと)に帰る。 »

今、ここに在る」カテゴリの記事

コメント

そっかぁ、KUWAさんは福岡だったんですね。
東公園の日蓮像は、昔は遠くからもその頭が見えてたものです。
近くの筥崎宮の本殿額にも「敵国降伏」と書いてあります。
ふるくから外敵からの脅威を守ってこられたんですね。

てんもりさん、こんにちは。

ここに巨大な日蓮像があるとは知らず、
まったく予定外のコースで辿り着きました。

この銅像、誰かに似ているんですよ。
“あっ、てんもりさんだ”と思ったりしました^^

元福岡県民ながら、「天神さま学習帳」をはじめて知りました。太宰府天満宮といったら、梅ヶ枝餅を真っ先に思い浮かべるわたし…。最近は、福岡空港でも売ってるので、沖縄に戻るときには買って帰ってます。

わたしも、来週は福岡に帰る予定です。(^^

FUUさん、こんにちは。

福岡情報をありがとうございました!

おかげ様で、太宰府天満宮を満喫することができました。
(梅ヶ枝餅もおいしかったですヨ。)

今回、福岡がかつてどういう(重要な)拠点だったのか、
よく知ることができました。感謝です。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天神さま学習帳:

« 写真家高島圭吾「天と地の結び(神の住む沖縄)」カレンダー展 | トップページ | 自然(ふるさと)に帰る。 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ