« 蝋梅と猿田彦 | トップページ | 日本の神様カード【過去】編 »

2009.02.03

「鬼は外、福は内」(波上宮の節分で)

090203blog
「鬼は外、福は内」今日は節分ですね。

昨日、『沖縄の神社』という本を新城さんがryuQで紹介して
くださいました。
http://ryuqspecial.ti-da.net/e2412369.html
“沖縄の神社は本土の雰囲気とは違う”と
その文献では描写されていますが、波上宮では節分に豆まき
を行い、例大祭では神輿も担がれるので、波上宮の行事の
いくつかは、意外にも本土並みの雰囲気を持っています。

でも何かが違う。見た目だけが似ているものでは無くて、
カタチや雰囲気だけでは無いもの。
それが、“沖縄で神社は本土の雰囲気とは違う”といわれる
何かです。

新暦では感じられない、地球の鼓動と同期するリズムでの
節目といえば、やっぱり旧暦なのかな、と思います。

暦といえば、ちょうど昨日、又吉静枝先生にお呼ばれして
お伺いすると、希少となってしまった特別カレンダーを
ありがたくも頂戴させて頂きました。

 握手して帰ろうとすると、「その数珠、素敵ね」と。
 さすが先生凄いです。感じ取られたのでしょうか。
 その数珠、見た目はとても地味で目立たないものでしたが。

やはり外見だけでない、中味こそが大切で、それは祭祀も
地球(や月)のリズムに同調したほうが(例えば旧暦)、
よりパワー(意味)が増すのではないかな。
そう感じた節分の日です。
090202blog

人気ブログ

« 蝋梅と猿田彦 | トップページ | 日本の神様カード【過去】編 »

琉球からの便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「鬼は外、福は内」(波上宮の節分で):

« 蝋梅と猿田彦 | トップページ | 日本の神様カード【過去】編 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ