« 桃山晴衣を偲ぶ会 | トップページ | 「鬼は外、福は内」(波上宮の節分で) »

2009.02.01

蝋梅と猿田彦

080201blog1
昨年、榛名山の麓の畑に唄を奉納した晩に、彗星のような
光の玉が尾を引きながら落ちてきた
のをはっきりと見た。
それが天弧(天狗)だと知らされ、さらに驚き、しかも、
ありがとう。そして助けてください。」とのメッセージ。

あれから一年が経ち、今の自分が猿田彦神(天狗)と関わり
があることを知る。
だからなおさら、天狗伝説のある榛名神社にお参りへ。

参拝も無事終わり、そして畑の主にも再会できたので、
次の日は完全なオフタイム。
黄色い花びらと香りを楽しみに、蝋梅(ろうばい)を見物へ。
するとその帰りに、猿田彦神が祀られた場所へと辿り着く。
いつもいつも、そんな必然的な巡り合わせに感謝。
080201blog2

※昨年の一連のエピソードはこちら↓
エピソード1*
http://sansin.air-nifty.com/simauta/2008/02/post_4bd1.html
エピソード2*
http://sansin.air-nifty.com/simauta/2008/02/wikipedia_c890.html
エピソード3*
http://sansin.air-nifty.com/simauta/2008/02/post_ab9f.html

人気ブログ

« 桃山晴衣を偲ぶ会 | トップページ | 「鬼は外、福は内」(波上宮の節分で) »

今、ここに在る」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蝋梅と猿田彦:

« 桃山晴衣を偲ぶ会 | トップページ | 「鬼は外、福は内」(波上宮の節分で) »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ