« 日本の神様カード【未来】編 | トップページ | 一粒の種 »

2009.02.16

日蓮聖人の誕生祭の日

090216blog1
2月16日(旧歴)は、日蓮聖人の誕生日ということなので、
九州福岡の地(元寇資料館)で日蓮聖人の巨像と出会った時の
エピソードのつづき。

その時は、なぜ巨大な日蓮聖人像がある場所に辿り着いた
のかはわからなかったけれど、あとから気がついたのは、
日蓮聖人の宗派は法華経で別名・観音経ともいわれること。

昨年秋に「これからは、観音界よ。」というお話を
天球美江さんから伺っていたところだった事を思い出す。

それから、先日の“神様カード”の【未来】で
建御名方神
(たけみなかたのかみ)を出したこと。
この神、“元寇の神風”ともいわれるんですね。

日蓮もまた元寇の襲来を予言したとも云われ、
あぁそれで、元寇資料館に併設して、巨大な日蓮聖人像
があったのか。
そしてそこに引き寄せられるかのように辿り着き、
それがなぜだったのかがようやく解けはじめてきた!

これからの【未来】に、“元寇の神風”の建御名方神、
また、“元寇”(襲来の予言)と“観音経”の日蓮聖人。

“観音”がキーワードだった。

そのあと福岡から五島へと渡り、
五島の過疎の地域を訪ねている途中に辿り着いたのが、
観音峠の小さな洞窟の観音像
そして、夕日観音、朝日観音の麓でも足がとまる。

この前のカードが、パズルのピースのように
自分の中でぴったり一致して、これまでの出来事を
つなぎ合わせてくれた。
090216blog2_2

人気ブログ

« 日本の神様カード【未来】編 | トップページ | 一粒の種 »

そして、これから」カテゴリの記事

コメント

観音界ですかー。

ちょうど坂東三十三箇所観音霊場を祈り廻ったばかりです。繋がっていますね(^-^)

みとさん、こんにちは。
僕も先月、坂東三十三箇所観音霊場のうちのひとつを巡りました。

みとさんはすべて巡り終わったのですか!おつかれさまでした。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日蓮聖人の誕生祭の日:

« 日本の神様カード【未来】編 | トップページ | 一粒の種 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ