« 金色の蛇の夢 | トップページ | 大主ガジュマルとご対面 »

2009.03.22

おとなのOFF・久高島

久高島
「気づきがある聖地を巡る旅をテーマに取材してください」
というオファーを受けました。

その依頼先とは元々ご縁のある東京の出版社でしたが、
今回はいつもとはまったく違うルートで頂いた案件です。
取材趣旨もまさに書いてぜひお伝えしたかったテーマ。
こうやって巡ってきたのもきっと“天から授かった機会”。

伊勢神宮と元伊勢、熊野三社、出雲大社、高千穂など、
全国各地の聖地をご紹介する一冊になる予定で、
ぼくは沖縄の聖地巡りの取材担当に。

そして、久高島へと4年ぶりに訪れる事になりました。
不安定な天候が続いた中、この日は快晴。
港からすぐの玄関口にあたる拝所でまずはご挨拶、
受付(拝所)から島に鎮座する神々に通して頂く手続きです。
すると、通じると“島”も心開いてくれるかのように
スムーズな流れができ、出会いを作ってくれたりしました。

そしておかげさまで取材も無事に完了することができ、
昨日ようやく原稿のほうも納めさせて頂きました。

日経BP社『おとなのOFF』の全国聖地巡礼特集号は、
4月6日に全国発売予定です。

人気ブログ

« 金色の蛇の夢 | トップページ | 大主ガジュマルとご対面 »

島々を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

 先月沖縄に引っ越してきて、久高島にはそろそろ行かないといけないなーと思っていたところでした。
読むのが楽しみです。


こんにちは
今、久高島の話題に触れていたところで
ちゅらさんの久高島の日記にもコメントしたばかりで
KUWAさんも久高島のタイトルなので
思わずクリックしちゃいました(^O^)/
シンクロ続いてて最近またワクワク ((o(⌒∇⌒ o)(o ⌒∇⌒)o))ワクワク♪です
KUWAさん…きちっとお役目果たされてスゴイですね\(◎o◎)/!
特集記事~是非、読みたいです(^.^)

タイトル・・ですね。

先月、行った時に、感じていたもの・・
「おとなのOFF」

次回は泊まりで行きたいです。


yugafuさん、お引っ越しおめでとうございます。
近年久高島へは滅多に行くことがなかったのですが、
4年ぶりに島に渡ることになりましたよ。
このような機会に感謝です。

mitchyさん、いつもありがとうございます。
そうでしたか、ちょうど久高島の日記があったのですね。
またいつか、ゆっくりと島を巡ってみたいと思っています。
記事のほうもどうぞお楽しみに☆

sonomiさん、こんにちは。
タイトルばっちりでしたか!
雑誌名そのままなんですよ。
こんど久高島に宿泊したら、ぜひ朝陽を拝みたいですね。

 KUWAさん、ありがとうございます。
那覇市民です。 宜しくお願い致します ^^

yugafuさん、那覇市民になられたのですね。
どうぞよろしくお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おとなのOFF・久高島:

« 金色の蛇の夢 | トップページ | 大主ガジュマルとご対面 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ