« 波の上宮から始まり「天と逢い、宙に還る」 | トップページ | 宮古島の神歌・古謡[東京公演]へ。 »

2009.05.26

ミラクル1/4

土曜日に観た映画のこと。

思えば不思議な御縁で、
'07年に山元加津子さんの詩『宇宙(そら)の約束』に出逢う

'08年には御縁が巡ってきてなんとその映画『宇宙の約束』の
 サントラCDのデザインを担当することになったり。

・上映は本土のほうだったので、いつか沖縄でも観たいと思い
 そんな話をしていたのですが、そしたら思いがけず、
 その時がやってきました!想いは通じるもの。巡り巡って、
 今年'09年、その第一作目の映画『1/4の奇跡』から観る
 ことができました!(開催してくださった皆さんに感謝です)

映画は、養護学校の先生である山元加津子さんと子供達との
ドキュメンタリーなのですが、まさかこのフィルムの中で
宇宙の仕組みを垣間見る事ができるだなんて、
それは期待以上の記録映画でした。

090526blog

またちょうどこの日の朝ドラの中では、小さな子供の台詞で
「“またあとでね”って無いんだよ。さよならだよ」。
 と、タイミング“時”についての言葉。

そして、その前の日に読んでいた本の中でも、
「子供は魂だった記憶があり、考えた事がすぐ現実化する体験
をまだ持っているので、“ちょっと後でね”と言うと葛藤が
起きてしまい、溜まっていきます。この葛藤を手放すこと」
と書かれていたのですが。

“ちょっと待ってね”は何も子供に限らず、
成人でもきっと同じ。

その“時”とは“訪れたな”と感じる時が“タイミング”だから、
それを後回しにすると、機は流れ去ってしまう。

だから、目の前に訪れる“機”(いい事も悪い事でも)を、
真っ向から受け取ることなんだな、って感じた日でした。

人気ブログ

« 波の上宮から始まり「天と逢い、宙に還る」 | トップページ | 宮古島の神歌・古謡[東京公演]へ。 »

今、ここに在る」カテゴリの記事

コメント

コメントはじめてです
こんにちは!

昨日 「時間」について深く考えていた
ところでした
あ。KUWAさんのブログ読んでて
また泣けてきちゃいました
最近目もとの水道の蛇口 壊れているみたいです

こんばんは☆彡
タイミング…気付くと幸せですね
アンテナ張って~直感を信じて動かないとデスネ

ところで…沖縄での上映があったとは…知らなかったデス(ノ_・。)

p.s.土曜日はお時間調整して頂き~~■P_o(^-^o) ありがとうございます♪
  よろしくお願いします(^O^)/

CREAREさん、こんにちは。
メールまで頂き、ありがとうございました。

「時間」は“節目”でもあるのだけど、
“今”という“タイミング”を刻々と刻むものでもあるようですね。

mitchyさん、いつもありがとうございます。

タイミングって、どうやらいつでも訪れているようです。

いい時も、悪い時も、みんなタイミングみたいですよ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミラクル1/4:

« 波の上宮から始まり「天と逢い、宙に還る」 | トップページ | 宮古島の神歌・古謡[東京公演]へ。 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ