« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009.10.27

朗読セッション[予告編]


11月14日(土)の映像&朗読イベントvol.1ですが、
いい感じで仕込みが完成しつつあります。

初トークというのもわくわくしていますが、
そのあとのスライドショー(30分)と、
朗読コーナー(10分)も面白くなりそうですよ。

写真詩集(シマとの対話)第1章〜第7章の各章ごとに、
『アヴェ・マリア』(ストラヴィンスキー)
『ピエ・イエス』(ルター)
『薔薇への3つの願い』(ファン・ツィ)
など、名曲の美しい調べと
写真映像との感動のコラボレーション。(未発表映像も有り)

朗読コーナーも、参加者のかたが朗読してみたい詩を
選んで頂き、それに写真映像を合わせていくセッション。

今回は、照屋さんが朗読してみたいという、
p.48の『島風のジプシー』と、
p.73の『星のゆりかご』を、
朗読セッションしてみたいと思います。

会場・カフェ『バターバースケイプ』
    豊見城市真玉橋238-5(←クリックで地図を表示)
    TEL: 050-5205-2813
    ブログ: http://butterburscape.ti-da.net/
※日時・11月14日(土) 18:00〜
※料金・料理とデザートとドリンク代の1350円のみ
(席数に限りがありますので、ご予約はお早めにどうぞ)

人気ブログ

2009.10.23

自主イベント開催のお知らせ

091023blog
11/1〜2に小浜司さんの出版記念イベント、
12/5にCAFE UNIZONさんと開催する久保田麻琴イベント
と、ryuQ関連のイベント予定があれこれとありますが、
自分自身のイベントも決定しましたのでお知らせします!

11/14(土)18:00〜
Cafe Butterburscape(バターバースケイプ)さんにて、
写真詩集『シマとの対話【琉球メッセージ】』発売記念
カフェイベントシリーズ第一弾を開催します。

まずは、cafeバターバースケープさんのご紹介から。
元ホテルの料理人によるシェフと奥さんが営む、素敵な
隠れ家的カフェですが、今回ぜひ皆さんにご紹介したい
のは、お料理はもちろん、デザートまでが美味しくて、
お料理+デザート+ドリンク代の1350円のみで
イベントを開催することにしました!

そして、イベントの内容としては、
まるで偶然のような“必然の奇跡”が重なって誕生した
写真詩集『シマとの対話【琉球メッセージ】』に
ついての、ミラクルなエピソード話のほか、
写真のスライドショー。
また、参加者のかたと朗読ライブも予定しています。

ぜひ、お越し下さい。

※席数に限りがありますので、ご予約はお早めにどうぞ。
予約・電話:050-5205-2813
      (住所:豊見城市真玉橋238-5)
公式ブログ:http://butterburscape.ti-da.net/

人気ブログ

2009.10.17

自覚

091016a
「幸せは作ることでなくて、気づくこと」。
これは、しゃかりのチアキさんが大好きな言葉なのだとか。

そして、連載中の平田大一さんとのコラボ『シマとの対話』
の最新記事ではこんな言葉も綴られていた。
「見つけるのでなく、探すのでもない、“気がつく”こと」。

ではその“気づき”って言葉については、
“自覚”とも訳せて、

「つまり“さとる(覚る)”ということは、
“特別(特殊)な力に目覚める”ということではなく
“自分の力を知る、自らの力に気づく”ということでは」。
 と語る。では、“自分の力って何か?”

「自らの命の使い方を覚(さと)るから、
“使命”とは“自覚”するもの、“自らが解る”
 ということではないか」。

だから、誰かに「見つけるのでなく、探すのでもない」、
自分のなかに「“気がつく”こと」。

答(幸)はどこか遠くの外側とか書物の中にあるのでは無く
実はとっても近いところにあって、
では、それがどこにあるのかというと、
「“自分の中”にあることに気づくこと」
と言っているような、そんな気がしますね。

→ http://ryuqspecial.ti-da.net/y1016
(平田大一『気づきのスイッチ』[通算64話] )

人気ブログ

2009.10.13

心のビタミン/チアキ(しゃかり)

チアキ(しゃかり)ph by KUWA
支え合う“結まーる”とは言葉というより、生き方として
沖縄の先人たちが残してくれたキーワード。

でも決して特殊なものではなく、優しい気持ちがあれば
“結まーる”の心は自然と湧き出てくるもの。

支え合って、連鎖し合って、いい波動を作っていきたい。

 と語るのは、しゃかりのチアキさん。
 彼女のハートフルメッセージを掲載させて頂きました。

[第1話]
→ http://ryuqspecial.ti-da.net/e2593021.html
[第2話]
→ http://ryuqspecial.ti-da.net/e2596847.html

ラジオでも好評コーナーだった『心のビタミン』を
カフェライブでもやるそうですよ。

ふだん読んでいる本から印象的な言葉を朗読したり
するそうです。

記事には掲載していないのですが、
日頃、どんな本を読まれているのでしょうか?
【番外編】インタビューです。

— ご参考までにどんな本を読まれていらっしゃるのですか?

チアキたとえば、『名言セラピー』(ひすい こたろう著)
という本です。シリーズで何冊か出版されていますが、
特に“青版”がオススメです。
あと、小林静観さんとか。明るい本が好きですね。

—『心のビタミン』は“朗読会&ライブ”になるそうです。
 (詳細は下記の通りです。)

2009/10/18(日)
『しゃかりの心のビタミン〜♪ライブ&ポエム 第1錠』
ブログやライブでお馴染みの“心のビタミン”ついに企画化!
・会場:cafe GREEN GREEN(北中城)
・時間:開場19:00/開演20:00
・料金:前売り¥2,000(別途オーダーが必要です)
・お問い合わせ:cafe GREEN GREEN TEL:098-935-0039
(「席数に限りがありますのでお早めに」とのこと)

2009/11/1(日)
『しゃかりの心のビタミン〜♪ライブ&ポエム 第2錠』
ブログやライブでお馴染みの“心のビタミン”カフェライブ第2弾!
・会場:カフェ・レインボー(あやかりの杜内/北中城)
・時間:開場16:00/開演17:30
・料金:前売り¥2,000(別途オーダーが必要です)
・お問い合わせ:カフェ・レインボー TEL:080-1781-3456
(「席数に限りがありますのでお早めに」とのこと)

人気ブログ

2009.10.10

こんどは津堅島へ。

自ら行動することで、物事が動いていったりする事って
ありませんか?

先日はこんな、エピソードがありました。

県外から参拝にこられるというGさんとナビゲーター役
のTさんから、「古宇利島の聖地を教えてください」と
いうお問い合せを頂きました。
自分がわかる範囲でメールで応対させて頂いたのですが、
Tさんより「よろしければご一緒に」とのことで、
自分にとってはどんな意味があるのかは判りませんが、
それよりも迷わないよう道案内でもできたらと、
古宇利島の龍乃宮館のかたにお話を伺ってから
ご一緒させて頂きました。

その2日後の朝、某出版社よりお電話を頂きました。
「古宇利島と津堅島の聖地参拝の写真を探しています」
とのお問い合せです。

ちょうど2日前に記録を撮っていました…。
また、なんというタイミングなのでしょうか!

091010blog
津堅島については写真などが無かったので、
はじめて島に渡るいい機会となりました。
島の長のかたにご説明を頂きながら、
撮影させて頂いた写真もご覧頂きまして、
記事の内容にも訂正箇所がないかご確認頂くことも
できました。

ただ流れを待つだけでなく、
自ら動くことで、流れを作っていくこともできるんだ
ということを体験させてもらいました。
 いつも大変感謝です。

人気ブログ

2009.10.08

祝いたい気持ちと

11月5日のダライ・ラマ法王の特別講演について、
先日の琉球新報・沖縄テレビのB席をはじめ、
A席のほうもすべて完売となったとのことですね。
沖縄に来て頂ける事への期待の大きさが伺えます。

ところで、8月頃に“プレイベント”と称する催しが
あったようですが…、そのようなイベントが
公式にあると伺った事は一切ありませんでした。
この時、県外出張だった為、詳細は判らなかったのですが
やはりそうではなかったらしい…。

沖縄に来られることをお祝いしたい気持ちと、
その表現の難しさが露出したエピソードですね。

もうひとつ。現在、東京上野で開催中の
『聖地チベット 〜ポタラ宮殿と天空の至宝〜』展に
関して
、ダライ・ラマ法王日本事務所より、
「日本の皆様へのお願い」というメッセージも必読です。

人気ブログ

2009.10.04

ダライラマ沖縄特別講演まで、あと一ヶ月となりました。

091004tibet
ちょうど一ヶ月後には、ダライ・ラマ14世が沖縄に
来られます。もちろん、今回が初来沖となります。

沖縄に来られる前に、一足早く、東京では2つの講演が
開催決定となりました。

10/31(土)東京法話「さとりへ導く三つの心と発菩提心」
(法話はチベット語及び英語にて行い、
 日本語への逐次通訳となります。
 英語で聞く場合は、館内にてFMラジオを貸出あり)

11/1(日)東京講演「地球の未来」への対話
     −仏教と科学の共鳴−
内容:「地球の未来」について、ダライ・ラマ法王と
4人の科学者との対話を行います。
(講演はチベット語及び英語にて行い、
 日本語への逐次通訳となります。
 英語で聞く場合は、館内にてFMラジオを貸出あり)

 ※ご購入はチケットぴあ(TEL:0570-02-9999)、
  コンビニエンスストアにて。

11/3(火)には、四国(愛媛県松山市)、
11/5(木)には、沖縄(那覇市)で開催されます。

偶然か、個人的には今年のGWに、四国愛媛県松山の
弘法大師とお遍路のはじまりのゆかりの石手寺に辿り着き、
翌月にはチベット仏教の高僧を沖縄で迎える事に関わらせて
頂き、夏には弘法大師つながりか遣唐使船寄港地の五島へ
そして沖縄では、来日公演の最終日を迎えることになり、
感慨深いものがあります。

しかも今回、ささやかながら自分の出来ることで
ご協力させて頂ける事になった天命に感謝します。

人気ブログ

2009.10.02

かつて日本のクリスチャンは皆、隠れキリシタンだった

091002blog
かつて日本は鎖国していました。その主な原因は、
キリスト教対策の為といわれています。ポルトガルや
スペインなどはキリスト教を布教しながら、
世界で植民地の拡張を続けていました。

まったく文化も違えば、土着の信仰とも考え方が違う
キリスト教がなぜ日本で受け入れられたのでしょう?

1563年、日本最初のキリシタン大名となったのは
大村藩主でした。5つの小さな村を治めていた大村藩主は
ポルトガルとの貿易で力を付けるためキリスト教へ改宗。
純粋な信心だけでなく、戦国時代を生き抜く為の手段
として海外との貿易を選択せざるをえなかった政治的理由
も…。そしてそれを利用した西洋の貿易国の影も
見え隠れします。

数年後、18代五島藩領主もキリスト教に改宗。息子の
病気を西洋医学で治したいという想いもあったようです。

しかしその時代も長くは続きません。僅か40年程で状況
は一変。鎖国と禁教令(キリスト教を禁止)の江戸時代へ。
1606年、大村藩主がキリスト教を棄教。1626年には
22代五島藩主も「キリシタン五島入島禁制」を発令。
091002blog2
江戸時代末期までの永い間、鎖国と弾圧は続きました。
鎖国が解かれることで、1865年に外国人居留地の長崎に
洋風の大きな大浦天主堂が建てられました。それは、
「邦人信徒も、もう潜伏せず堂々と信仰を表明してほしい」
という願いもあり、シンボルとして建てられました。
そしてこの教会の前に訪れたのが、代々何百年もの間、
密かに潜伏していた教徒たちでした。250年ぶりの歴史的
な「信徒発見」となったのです。つまり、何百年もの間、
日本のキリスト教徒は皆、隠れキリシタンでした。

大浦天主堂の「信徒発見」後、
各地で、信仰を表明する人々が続出。ところが
五島など各地でまだまだ厳しい弾圧は続きました…。
…わずか百数十年程前の出来事です。

今回の取材途中、奇跡の巡り合わせにより、
隠れキリシタンの神父(帳方)との出会い
があり、
これらの時代背景をはっきりと再認識させられました。

またなぜ、隠れキリシタンの信仰を今も400年近くも
守り続けているのかということについても
きちんと知ることになりました。

何百年も貫く精神と信仰心の力というものを、
見聞きさせて頂きまして、これを記事にさせて頂くこと
を許可頂きました。
どうか、真意が伝わるものになりますように
心掛けて、それをまた綴っていきたいと思います。
後日、五島関連の特集記事を公開予定です。

人気ブログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ