« 聖者Sさんの音声テープ | トップページ | 首里城へ初出勤!首里城正殿裏の初日の出 »

2009.12.30

年の瀬に、最後の最後に大仕事(その1)

091230blog_2
年の瀬に今年最後の仕事となったのが高嶺久枝先生への取材。
ミントングスクに伝わる琉球開闢神アマミクの神面を再生、
魂込めを行った琉球舞踊の大家にどうしてもお話を聞きたい。

先日国立劇場おきなわで、高嶺久枝先生の芸道四十周年を
記念する大舞台があり、そこで琉球開闢神アマミクの面を
つけ、舞台で披露された。なんという場に立ち合わせて
いただいたのだろう…。息をのむような瞬間を目撃し、
これは琉球舞踊の世界だけの話だけでは留まらないような
いにしえの琉球を蘇生するシーンだった!

高嶺久枝琉舞道場にお伺いし、早速お話を伺ってみると
「なぜだかわからないのだけど、ふと、桑村さんにも
ご覧頂きたいと思ったんです」と、なぜ若輩者の僕にお声
を掛けて頂いたのか、お招き頂いた経緯からお話下さった。

勿論舞台をただ拝見するだけでは勿体なく、一部始終を
記録させて頂いていたのでしたが、お話まで収録して
さらにそれを一般公開する事で、ようやくすべての結び
となるような気がしている。先生のご意向とも一致した。
そして長時間に及ぶ取材を決行。貴重なお話を有難う
ございました。これからじっくりと整理して参りたいと
思います。

道場奥の座敷から再び道場に戻ると、御座楽の皆さんが
勢揃いされていて、「元旦から首里城でお世話になります」
とご挨拶させて頂いた。これも偶然?僕は正月の首里城で
琉球王朝時代の衣裳を身にまとい、古式の正月行事
再現する舞台に、彼らの近くでお役人の役で参加させて
頂くのです。…思えば、数年前に高嶺久枝先生が
宮廷の歓待行事を再現された舞台に御座楽があり、
そこからの御縁がずっと繋がっていたのかもしれない。
四十周年舞台の第二部にもこの御座楽が出演していた…
(つづく)

人気ブログ

« 聖者Sさんの音声テープ | トップページ | 首里城へ初出勤!首里城正殿裏の初日の出 »

これからのryuQ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年の瀬に、最後の最後に大仕事(その1):

« 聖者Sさんの音声テープ | トップページ | 首里城へ初出勤!首里城正殿裏の初日の出 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ