« (iさんへ)クリスマスの贈り物が届きました | トップページ | 年の瀬に、最後の最後に大仕事(その1) »

2009.12.27

聖者Sさんの音声テープ

091227blog
匿名の聖者Sさんの本を何冊か読んだことがあったけど、
伝説のその方の講演テープを、半年前に頂いていました。
(Aさん>ありがとうございます。)

せっかく頂いたのに、再生するテープデッキが
手元に無かった為、これまで聞けませんでしたが、
ようやく今頃になってそのカセットテープを
再生する事ができました。
(P姉さん>ありがとうございます。)

素朴な語りを聞いてみて気づいたのは、
「純粋な“人の心”に、宿るものがあるんだ」
ということ。

この方のような無垢な気持ちが大切なんだなと。

でも普通は、なかなか無垢な心にはならないもので、
それで、祈りという呪文を唱えて、その瞬間だけ通じよう
としているのかな。
(たとえば、何かの願い事がある時だけ)

たとえば聖地は、そういう状態につながる場とされている
けれど、ほんとうは“まっさらに”気持ちが通じ合えれば、
どこだって繋がるんじゃないのかな。(そのかたの様に)

お宮は、それぞれ人の中にすでにあって…。

遠くばかにりお参りに行っているけど(たとえばお正月に)、
すでに心(胸の内)あるんですね。

人気ブログ

« (iさんへ)クリスマスの贈り物が届きました | トップページ | 年の瀬に、最後の最後に大仕事(その1) »

今、ここに在る」カテゴリの記事

コメント

東京にいた頃に講演会に行きました。
見た目は普通のおじさんでした。

純粋な心を実践して生きることが
人間のできる最良のことかもしれませんね。

講演テープのなかで、
「私は霊能者でもなんでもない、普通の人間です」

「ただ、できるだけ純粋に、できるだけ無垢に、できるだけ人間らしく生きてきた」

と語っているのが印象的でした。
これなんだな、と思います。

KUWAさん…
S師の声が聴けるなんて…すごいですねぇ\(◎o◎)/!
私も聴いてみたいです。。。
S師に関する本はルナさんの紹介で≪宇宙心≫しか知りませんが…
S師のお話とKUWAさんのお話は通じるものがありますよね。。。

ミッチーさん>

つよしさんもおっしゃられるように、
ごく普通なかたの語りのようですが、
なかなか真似できないのが
「無垢な心」を保ち続けることですよね。

KUWAさんはじめまして。
無名の聖者S氏に興味を抱き、いまでは
琉球とゆう神秘に惹かれつつあります。
日本でもない、アジアでもない、
独立した琉球が目覚めてこその
新しい地球時代との感じをもち
はじめています。南の琉球と北の
アイヌ。日本に何かを問いかけられてる
ような気がします。

本日聖者Sさんの本を読み終えたばかりで、講演会に行きたいと、ネットで検索しておりました。もう講演会は開催していないようで、残念に思っているおり、こちらの拝見させていただきました。私もぜひSさんの声を拝聴したく、出来れば、カセットをダビングしていただけないでしょうか?大変不躾な願いですので、叶わないことを承知の上です。小さな望みにかけ、ご返答お待ちしております。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖者Sさんの音声テープ:

« (iさんへ)クリスマスの贈り物が届きました | トップページ | 年の瀬に、最後の最後に大仕事(その1) »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ