« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010.01.29

琉球開闢神の神面の鬼

100129aa
昨年、国立劇場おきなわにて、六十数年ぶりに復元された
琉球開闢神の面を着け奉納舞いを披露
された琉球舞踊家の
高嶺久枝先生と、年明けてからもう一度お話を伺う機会
を頂いた。(インタビュー記事は→コチラ)

復元されるに至る経緯について、面の研究家・千本木氏に
突然、「鬼面、鬼面…」と言葉が降りてきたらしく、
それはちょうど4年前に、僕も同じく「鬼、鬼…」と
いう言葉が心の中で響いてきた事を日記に残していた。
('06年1月9日の日記→:一角鬼が表紙のアートキャンプ)

戦争で焼失してしまう前に、大正時代の神面の記録と、
それを元に仏師が復元した神面をみて驚くかもしれない。
それが“鬼面”である、ということに。

琉球開闢の神アマミキヨをかたどったと伝わる面が
“鬼”である、ということに。

4年前は、なぜ“鬼”なのかが判らなかったのだけれど
当時N先生にこのことを話してみると、あるカミングヮ
の話ということで、その子供が、
「ワレ、オニ ヤ アマテラス」と語ったのだという。

鬼神も神であり、しかもそれがアマテラスということで
最初は驚きながらも、至極納得するような出来事が
この4年間に積み重なって、そしてこの度、
琉球開闢神の神面をつけて奉納の舞いをされるという
高嶺久枝先生と再び巡り合い、
「同志と巡り合えたと思っています」とお言葉を頂く。

節分の日(鬼は内、福も内)までにすべてを掲載予定。
→http://ryuqspecial.ti-da.net/e2668415.html
100129b

人気ブログ

2010.01.20

アバターのナビィ族になる前に

Avatar_kuwa
「そして未来の無い地球へ、異星人(地球人)たちは帰って
いった…」という最後の語りが印象的な映画アバター。

理想的な世界を創られた映像には“描く”ことができて、
“現実”な現代の世界は危機的にあるとか、
ついに映画の中で処理してしまおうとでも?

「だって、人間だもの」っていう有名な言葉もあるけど、
理想と現実で、つねに現実的な選択をしてきた私達。

理想は、映画や小説の中に収めておけばいい?

「真実は小説より奇なり」というこれまた有名な言葉が
あるけど、歴史にフォーカスしていくと架空の話よりも
凄い。まやかしの世界(隠しておきたい?)がよく見えて
きたりもする。

僕らはただ知らないだけ。ゴシップ報道や映画とか
適当なものを表面的(見せかけ)に与えられていて、
真実の出来事は水面の下で潜伏しているようですよ。

目(心眼)をカッと見開いて、ご自身の眼差しで
様々フォーカスしてみてくださいね!

※今日のryuQは、興味深い歴史ノンフィクション
 をとりあげますよ。→『琉日戦争一六〇九』

人気ブログ

2010.01.15

日食(皆既日食から半年後)

日食写真byKUWA
日食写真byKUWA
7月の皆既日食から半年後、ふたたび日食。
太陽の欠けは前回とは真逆です。
天の岩戸は開き、結んだかのように
あのときも、そして今回も新月でしたね。
天体は、旧暦のリズムと合っているようです。

人気ブログ

2010.01.07

「天皇のロザリオ」

昨年の8月、五島へ取材旅行した際、偶然を超えたような
巡り合わせで、隠れキリシタンの神父(脹方)と出会いました。
(2009.8.29の日記をどうぞご参照ください→)

隠れキリシタンの方にインタビューさせて頂き、
無事、記事にもなって任務完了したようにも思えますが、
そこで終わらず、さらにもっと深く知りたいと思うような
新たなテーマが芽生えてきました。

直接インタビューして分かったことなのですが、
「わたしたちは、古キリシタンの教えをカタチを変えずに
ずっと守り継いでいる」と語ってくださった一言から…。

それは400年ほど前に、ザビエルが日本にキリスト教を
もたらした頃の教えを今も継いでいるとのことで…、
ところが、現代のローマカトリックのキリスト教とは、
様々な面で違いがあり、“その違いの訳は長期に渡って
潜伏していたからだろう?”ということで片づけられて
しまいそうなのが、いつものパターンかもしれません。

ですが、偏見でなく、直接よくお話を伺ってみることで
より深く理解できることがあります。

彼らのお話を聞き取ることで、とても重要なテーマが
見つかったのです。それは、一言でいえば、
“信仰について、あまりにも決定的に大きく異なる点”です。

いったい…、
「ザビエルが日本にもたらした頃の初期のキリスト教とは?」

これを調べ直したいと思った時に、浮上してきた一冊が、
『天皇のロザリオ』(上巻下巻)という本でした。

100108book

ところがですね、不思議なことがあるものです…。

隠れキリシタンと偶然出会う前に、彼らのお話を伺う前に…
なんと、その2カ月も前に、僕はこの本をAmazonで注文
し、部屋の片隅に封も切られずに封筒が山積みされた状態
で、すでに自分の手で購入してあったのです…。

自分で買ったのは確かな事実でした。でもなぜ???

購入した頃は、その後に、隠れキリシタンの方と出会うこと
になるとは予定もなければ、想像すらしていませんでしたし、
そもそも、調べたいテーマになるなんて想定外でした。

無意識で購入していた?とでもいうのでしょうか…。
どうして、まだそんなに早い時期にその本を買ったのか?
その理由が自分でもよくわからないのですが、
うっすらと買った覚えも残っていて、購入記録もあります。

先回りして、買って準備していたその本、
『天皇のロザリオ』とは!

巡り会うべく、すべてが用意されていたとしか思えません。
(つづく)

人気ブログ

2010.01.03

庚寅(かのえとら)の決心

2010年は庚寅(かのえとら)。
庚寅といえば、武官や公職になるものも多いのだとか。
ということで、元旦から琉球王朝時代の武官(儀丈)役となり
首里城でお正月を迎えたのはそれなりに意味がありそう。
100103blog

歴史を振り返ると、西暦になって初めての庚寅が
西暦30年で、キリストの没年にあたる。

隠れキリシタンの取材から芽生えた新たなテーマについて
(ザビエルとは? その後のペリーとは? グラバーとは?)
など、さらに深く掘り下げていきたいと思う。

人気ブログ

2010.01.02

首里城へ初出勤!首里城正殿裏の初日の出

100101blog1
あけましておめでとうございます。
首里城正殿裏からの初日の出の瞬間の写真です。

首里城は東から、久高島〜弁が岳〜そして首里城と、
ご来光を琉球国王が背に受けるような配置(太陽のライン)
で設計されているため、初日の出を拝むにはこれ以上に
ない場所に首里グスクがあります。

ふだんは入ることの出来ない場所から、なぜご来光を
いただいているのか? というと、
首里城の古式の正月行事「朝拝御規式」に、
琉球王朝時代の武官役(儀丈)として初出演しました!
100101blog2
2010年の初出勤が首里城で、初日の出も拝めて、
琉球の象徴的場所で国王がたとお正月を迎えられ、
今年も運気のいい一年になりそうな予感です。

人気ブログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ