« アバターのナビィ族になる前に | トップページ | 節分を迎え、立春に招くもの »

2010.01.29

琉球開闢神の神面の鬼

100129aa
昨年、国立劇場おきなわにて、六十数年ぶりに復元された
琉球開闢神の面を着け奉納舞いを披露
された琉球舞踊家の
高嶺久枝先生と、年明けてからもう一度お話を伺う機会
を頂いた。(インタビュー記事は→コチラ)

復元されるに至る経緯について、面の研究家・千本木氏に
突然、「鬼面、鬼面…」と言葉が降りてきたらしく、
それはちょうど4年前に、僕も同じく「鬼、鬼…」と
いう言葉が心の中で響いてきた事を日記に残していた。
('06年1月9日の日記→:一角鬼が表紙のアートキャンプ)

戦争で焼失してしまう前に、大正時代の神面の記録と、
それを元に仏師が復元した神面をみて驚くかもしれない。
それが“鬼面”である、ということに。

琉球開闢の神アマミキヨをかたどったと伝わる面が
“鬼”である、ということに。

4年前は、なぜ“鬼”なのかが判らなかったのだけれど
当時N先生にこのことを話してみると、あるカミングヮ
の話ということで、その子供が、
「ワレ、オニ ヤ アマテラス」と語ったのだという。

鬼神も神であり、しかもそれがアマテラスということで
最初は驚きながらも、至極納得するような出来事が
この4年間に積み重なって、そしてこの度、
琉球開闢神の神面をつけて奉納の舞いをされるという
高嶺久枝先生と再び巡り合い、
「同志と巡り合えたと思っています」とお言葉を頂く。

節分の日(鬼は内、福も内)までにすべてを掲載予定。
→http://ryuqspecial.ti-da.net/e2668415.html
100129b

人気ブログ

« アバターのナビィ族になる前に | トップページ | 節分を迎え、立春に招くもの »

ryuQ取材を通して」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琉球開闢神の神面の鬼:

« アバターのナビィ族になる前に | トップページ | 節分を迎え、立春に招くもの »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ