« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.26

10/2決まりました!

朗読セッションin洞窟カフェ『シマとの対話』(朗読Live)
が、10/2(土)pm7:00より開演決定になりました!!!
ぜひ、ガンガラーの谷・ケイブカフェへ遊びにお越し下さい。

そして今日は、“13人のグランドマザー”の
クララさんとの出逢いがきっかけで発足したという
『第2回うちなーおばあ、ガイヤの会』
があり、
ゲストで招かれた神人の宮里聡さんから
『シマとの対話』の表紙にもなった聖地の
本当の正式名称を聞かされ、大変驚きました。
ぜひ、10/2の朗読Liveで発表したいと思っています。

満月の夜に、時が満ちました。

100726moon

人気ブログ

2010.07.21

自分をプレゼンテーション?

昨日は、劇作家・平田オリザさんの3時間もの濃厚な講演と、
名嘉ボクネンさんの新店舗のオープニングパーティーに出席。
第1線でご活躍される方々はやはり並はずれた才能が
光っていますね。とてもいい影響を受けてきました。

ボクネンさんの宴の途中に掛かってきた一本の電話は、
宜野湾のCOTONOHA art space+cafeさんから。
「こんど、20秒×20枚のスライドでプレゼンテーション
するという世界的イベント
を沖縄でも初めてやることに
なりました」との事で取材依頼かな?と思っていたら…

「プレゼンテーターとしてKUWAさん出ませんか?」
という出演依頼で仰天!

これは、2003年に東京ではじまったもので、
様々なジャンルのクリエイターが集まって、
自分の経験やプロジェクトをユニークな形で、各々の
アイデアなど自由な思いを発表するものだといいます。
現在、321もの都市で開催されているそうです。

やったこともない課題にまた挑戦する?
大変なのは目に見えているけど、
この巡ってきた機会をチャンスとして
前向きにチャレンジしてみたいと思っています。

人気ブログ

2010.07.20

有希くんの墨絵との出逢いから

今年に入ってから、御縁あって、
ひとつの家族の姿をずっと取材し続けています。

ダウン症の障害を持ちながら、個性豊かな水墨画を
描き続けている古波津有希君。そしてその活動を一生懸命
に支えているのが、お母さんの智恵美さん。

有希くんが3歳の時に、お父さんが他界してしまい、
女手一つで、まだ小さな4人の子供たちを育て上げました。
有希くんも今年で14歳。ダウン症のため、自分の名前を
書くこともできないどころか言うことさえできない少年が、
エネルギッシュに墨絵で表現しているのはとても感動的です。
100720yuuki
何年か前に、ある取材先のオフィスの応接間に、
インパクトのある墨絵に衝撃を受けた記憶があったの
ですが、誰が描いた作品なのかは知りませんでした。

地元出版社からの依頼で、初めて有希くんのおうちに訪問
した際、あの時の水墨画と再会したのでした!
御縁があったのですね。

お母さんの智恵美さんも、
「一冊目の本の前書きは、五島にルーツを持つ方に
書いてもらっていたんです。御縁が引き寄せたのですね」
とのことでした。

有希くんはカメラを向けられるのが苦手なようなので、
訪問初回の時は、カメラはまったく出さずに、
まずはコミュニケーションすることから始めました。
2回目からコミュニケーションをとりながら
カメラを出してみますがまだまだ撮らせてもらえません。
3回目の訪問時くらいにはやっと距離感が縮まって、
カメラに向かって満面の笑みを向けてくれました。
100720kuwa
「有希がカメラに向かってこんなに微笑む事なんてないよ」とお母さん。
もしかしたら、カメラに対してじゃなくて、
レンズの向こうの人に微笑んでくれたのかもしれませんね。
どうもありがとう。

※7月27日(火)〜8月2日(月)
 パレット久茂地7F美術サロンで
 古波津有希くんの個展が開催されます。
 必見ですよ。

人気ブログ

2010.07.17

夢日記

100717blog
夢の記憶…、古墳のような丘に迷いこんだ。

そこには、少年少女合唱隊のような格好をした小学生たち
と引率している教師らしき人物がいた。

丘には、十字架のお墓もいくつかあったので、
おそらくはカトリック教会の方々なのだろう。
ということは、教師のようなかたは神父さんかな。
「よかったら、またあとでお立ち寄りください。」
と声をかけられ、再びそこに立ち寄らせて頂くことに。

教会らしきゴシック風建築物のなかに入ると、
そこは落ちつきのある雰囲気に満ちあふれていた。

さきほどの子供たちと、大人は神父さんのほかに
もうひと組…。よく見ると、
「皇T子ご夫妻だ!」

プライベートの時間だったようで、
とてもリラックスされている様子。
神父と静かに語り合っていた。

突然、居合わせてしまった自分。
その語り合いのなかに、交ぜてもらい、
キリスト教についての話をしていたかと思う。

すぐちかくには、i子さんがいた。
i子さんに、何かプレゼントしたいと思い、
ポケットから出てきたのは、オルゴールだった。
ピアノの音を自分でサンプリングしたもの。
その小さな木箱を差し出した。

そこで夢は覚めたが、
夢のなかはすべてがとても鮮明だった。

皇Sのかたがなぜ教会に?
まるで、『天皇のロザリオ』の続編のような
生でタブーを見たかのようなリアルな光景だった。
人気ブログ

2010.07.07

龍馬の黒幕

龍馬ブームに沸いている。自分も龍馬の人柄は好きだけど、
「土佐の下級武士で、脱藩者が、なぜこんなにも活躍できるのか?」と大河ドラマ『龍馬伝』を観て、ふと疑問が沸き起こった。

脱藩者だから、藩の後ろ盾なんていうものは無い。
龍馬の人柄、仁徳だけであの時代を動かせるのだろうか?
日本の歴史を動かす人物に、後ろ盾がないなんて?!
(たとえば勝海舟とか?)

後ろ盾はあった。
長崎の観光名所にもなっているグラバー邸の主、T・グラバー。

しかし、グラバーが日本に来た時はまだ21歳の若さで
龍馬と出会ったのはそれから3年後の若干24歳。
こんな若者が日本を揺るがすような暗躍ができるのか?
若いグラバーは貿易会社の代理人にすぎなかったはずなのに?
代理人という事は、ではその会社はどこが運営していたのか?
Jマセ●ン商会って?(前身は東インド会社)

グラバーは武器商人でもあり、仕入れた武器は、
龍馬を使って幕府側と反幕府側の両方に売っていた。
グラバーは武器を売って儲かる事だけが目的なのか?

最大の目的は、旧体制(幕府)を倒すこと?!
でも異国の若者が何の為に?
では、グラバーに武器を降ろしていた死の商人とは?

グラバーを含め、Jマ●ソン商会の血縁をみると、
ロス●ャイルド家とつながる。なるほど、グラバー園内には
あのシンボルマークが…。
(ご興味のあるかたはぜひ調べてみてください)

ではロス●ャイルドとは何者か? 世界の金融の仕組みを
作った
資産家で、彼が関わったといわれる世界を革命する
計画書25項目のひとつがこちら。

「自ら戦争を誘発し、敵対するどちらの側にも領土の獲得
が生じないように主導しなければならない。戦争は敵対する
双方の国家がさらに負債を抱えこみ、我々の代理人の手中に
落ちるように主導されなければならない。」(第11項)

なるほど、明治維新のしっくりこないところも、
そして龍馬の死の真相が謎なのも、そういうことなのか?!

「財を活用して、我々の要求に素直に従い、ゲームの駒
となって政府を陰で操るために我々から命じられた人物
を選ばなければならない。」(第12項)

龍馬の情熱は利用されて激動の時代でスパイ活動をし、
そして消されて、真相は封じられ、
現代まで美化されてきたのだろうか。
100707a

人気ブログ

2010.07.06

ダライラマの誕生日に想う

100706list
今日7/6は、ダライ・ラマ法王の誕生日。御年75歳。
チベット仏教の最高指導者でありチベット亡命政府の長。
1950年、チベットを中国●産党の人民解放軍が制圧、
あれからちょうど60年の年月が流れました。

なぜ中国はチベットに侵略したのだろう?
チベットの地下資源や水源がターゲットだという話の他、
まず、中国●産党がどうやって誕生したのかを追うと
紐解けてくるところがあります。
そもそも共●主義はどこから生まれたのかといえば、
ルーツはロシア革命まで一気にさかのぼれます。

ロシア革命だけでなくフランス革命にも資金を提供した
団体の存在があり、それはロシア人でもフランス人でも
なく国を持たなかったので国境も関係ありませんでした。
「紙切れ」を使い、各国(の旧体制)を転覆させていきました。

では「紙切れ」の経済システムを作っていったのは誰

その彼らが関わったといわれるのは共●主義に限らず、
真逆の資本主義を作ったのも彼らな訳で、では一体、
彼らが目指す世界革命とはどんなもの?(一部紹介すると)

「国家法および国際法を利用しつつ、ゴイ●(非ユ●●人)
の文明を破壊しなければならない。我々に対してゴイ●
が武装蜂起する前に、恐怖の組織を諸外国の各都市に
組織していく。」(第25項)

こうやって、伝統的な中国やチベットの文化・信仰も
も破壊されてきたのでしょうか。

彼らのルーツの経典のひとつで63編の文書群の中には、

「●は●●●人にすべての方法を用い、詐欺、暴力や
脅迫、高利貸、窃盗によって●●●●教徒の財産を
奪取することを命ずる。」とあります。

これが本当だとしたら凄い事ですね…。
(日本の郵●貯金も注意したほうがいいかもしれません)

もちろん、そんなものには支配されない世界を望みます。
人気ブログ

2010.07.02

祈りの島[記憶]

100701blog1
祈りの島といえば、沖縄では久高島とか。
僕のふるさとの島も、祈りの島と言われています。

長崎の離島で、本土とはまた風土が違う素朴さが残っている島です。

今でこそ、島では教会めぐりなどが観光の一部となって
島おこしにもなっているようですが、時代によっては
キリシタンは厳しい迫害を受けてきた島です。

元々は長崎大村藩と五島藩の政策で、大村の外海町から
五島の農地開拓の為に移住してきたのですが、その後、
幕府の弾圧は増すばかりで、明治の頃まで、
250年以上もの長い間、潜伏して信仰を守りながら
命がけで現代につないできました

そういう所以があり、祈りの島と言われています。

ぼくが育った島のふるさとの集落にも教会があり、
集落に住む人々の多くがカトリック教徒でした。

小さい頃、教会は学校みたいなもの、祈りも生活の一部で
特別なものではなく、ごくあたりまえの空気みたいなものでした。

僕が13歳の頃、地元の漁のお手伝いをしている時に、
漁師さんから聞かせてもらった何気ない話があります。

「いろんな宗教があるけど、山の裾野の村々のようなもので、
入り口の道も言語も風習もやりかたも考えも違うけど、
山頂は一緒なんだよ。」 と言われたのが
とても腑に落ちてスッキリした記憶が今も印象強く、
精神的な自由をもたらせてくれました。
100701blog2_2

関連記事:
隠れキリシタンとの出会い
http://sansin.air-nifty.com/simauta/2009/08/post-7b44.html
かつて日本のクリスチャンは皆、隠れキリシタンだった
http://sansin.air-nifty.com/simauta/2009/10/post-b992.html
3日籠もる
http://sansin.air-nifty.com/simauta/2009/09/post-8d67.html
旧盆におもう
http://sansin.air-nifty.com/simauta/2009/09/post-040e.html

人気ブログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ