« ジュゴンの海 | トップページ | ダライラマの誕生日に想う »

2010.07.02

祈りの島[記憶]

100701blog1
祈りの島といえば、沖縄では久高島とか。
僕のふるさとの島も、祈りの島と言われています。

長崎の離島で、本土とはまた風土が違う素朴さが残っている島です。

今でこそ、島では教会めぐりなどが観光の一部となって
島おこしにもなっているようですが、時代によっては
キリシタンは厳しい迫害を受けてきた島です。

元々は長崎大村藩と五島藩の政策で、大村の外海町から
五島の農地開拓の為に移住してきたのですが、その後、
幕府の弾圧は増すばかりで、明治の頃まで、
250年以上もの長い間、潜伏して信仰を守りながら
命がけで現代につないできました

そういう所以があり、祈りの島と言われています。

ぼくが育った島のふるさとの集落にも教会があり、
集落に住む人々の多くがカトリック教徒でした。

小さい頃、教会は学校みたいなもの、祈りも生活の一部で
特別なものではなく、ごくあたりまえの空気みたいなものでした。

僕が13歳の頃、地元の漁のお手伝いをしている時に、
漁師さんから聞かせてもらった何気ない話があります。

「いろんな宗教があるけど、山の裾野の村々のようなもので、
入り口の道も言語も風習もやりかたも考えも違うけど、
山頂は一緒なんだよ。」 と言われたのが
とても腑に落ちてスッキリした記憶が今も印象強く、
精神的な自由をもたらせてくれました。
100701blog2_2

関連記事:
隠れキリシタンとの出会い
http://sansin.air-nifty.com/simauta/2009/08/post-7b44.html
かつて日本のクリスチャンは皆、隠れキリシタンだった
http://sansin.air-nifty.com/simauta/2009/10/post-b992.html
3日籠もる
http://sansin.air-nifty.com/simauta/2009/09/post-8d67.html
旧盆におもう
http://sansin.air-nifty.com/simauta/2009/09/post-040e.html

人気ブログ

« ジュゴンの海 | トップページ | ダライラマの誕生日に想う »

五島列島を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祈りの島[記憶]:

« ジュゴンの海 | トップページ | ダライラマの誕生日に想う »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ