« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010.09.28

インタビュー

100928blog
ふだん、たくさんの方にお話を聞いています。それが仕事。

先日は、天描画家の大城清太さんにお話を伺いました。
「天描画、天(GOD)の世界を点(DOT)で描いた絵画が、
どうやって生まれてくるのか」を聞かせて頂いたり。

いつもそうですが、対面相手から返ってくる言葉は
すべて黄金言葉のようです。

様々な方々と出逢い、たくさんのインタビューを通して、
いつも何かを学ばせてもらっています。

逆にインタビューされる機会というのは
そうあるわけではないのですが、ごくたまに、
必要なタイミングに、ラジオ等でインタビューを
して頂くこともあったりします。

先日は、タイフーンFMに出させて頂いてお話させて
もらったのですが、いつになっても喋りが不器用な感じ
ですけれど、もしよかったら聴いてみてください。

(↑再生ボタンを押すとスタートします。)

※今週は、30日(木)の20時から、
 FMとよみに出演させて頂きます。感謝!

人気ブログ

2010.09.21

「いのちって素晴らしいだろ?」

2010921blog_2
夕方、無性にカメラを持って外へ出かけたくなったんだけど
“北?南?どこへ?”まったくわからないまま、
だから、自分の心のままに任せてみることにしました。

さらに「望遠レンズを持って行け!」と自分の心の奥から
響いてくるものがあって、風景ならワイドレンズで充分
なのに、自分の心に従い望遠ズームレンズを持参してみる
ことにしました。

でも、さぁこれからどこへ? あては無いけれど、
だけど自分の中にあるコンパスは知っているはず。
それを、深いところで知っている本当の自分がいます。

はじめて辿り着いた場所には、マングローブの若木が
水面から顔を出していました。“あぁ、ここだ!!”

(でも陸地から離れていたので、ここで望遠レンズ
 が必要になったんです。“なるほど!!”)

「どうだい、自然のいのちって素晴らしいだろう?」って
地球が語っているかのような、とても静寂で美しい
決定的な瞬間でした。

これがリアルな“シマとの対話”の撮影シーンです。

※連載『シマとの対話』の今月号は、本日朝9時に掲載予定です。

人気ブログ

2010.09.16

ダブル・レインボー

100916blog
ryuQのリニューアルが、10月1日に変更となると
運営先から連絡が入りました。
そして翌日10月2日が平田大一さんとの朗読ライブ
ですから、またすごいタイミングだと驚きました。

写真展『シマとの対話2010』(4/3〜10/2)は、
4月3日のryuQの3周年(誕生)に始まり、
10月1日にryuQリニューアル(再生)のちょうど翌日に
その写真展の最終日を迎える事になるのです。

その連絡のあと、空に2重の虹があがりました。

きのうも、夕方に取材撮影中に二重の虹が掛かりましたが
取材地はうるま市で、あまわりのバックステージツアー
関連取材だったんです。そういうこともあって
平田大一さんとのつながりは不思議でなりません。
写真はその関連取材中に虹が…。

多くの人がこの虹を観たと思うのですが、
気にならない人にはまったく何も気にもならないし、
でもその時にどういうタイミングでその虹を観て感じたか
はそれぞれに違い、各々に意味があることでしょう。

僕にとっては、大きなOKサインを2日連続で貰った
のだと感じています。

人気ブログ

2010.09.15

CDジャケットの表紙に、シマとの対話の1枚

100915cd
『シマとの対話』にも掲載されている写真が、
CDジャケットの表紙になりました。
唄三線とピアノの美しいコラボレーション、
ラコルドの『月ぬ美しゃ』(キャンパスレコード)です。

前回の朗読ライブの会場では、このラコルドのデモ音源を
会場内のBGMとしてかけさせてもらいました。
「歌っているのは誰ですか?」とお客さんからも問い合わせ
があり、夏か秋頃に発売予定のCDですよとお伝えさせて
頂いたのですが、発売日は9/22に決定!
旧暦八月十五日、満月の日です。

ryuQのリニューアルの翌日にあたります。
ちなみにリニューアル日は、国際平和デーでもあり、
いろんな節目を感じています。

ryuQの名称も変わり、さらなる進化の時と受け止めています。
時は満ちてきました。

(※この写真のポストカードは宮古島で9/19〜26まで開催の
 ぴん座2010でも購入可能です。)

人気ブログ

2010.09.07

琉球新報と沖縄タイムス

100907_blog
今日の新聞各紙に、10月2日(土)開催の朗読ライブの
イベントについて記事が掲載されました!

琉球新報と沖縄タイムスの取材のあと、
平田大一さんと、今度の司会役の百合香さんと、
3者でのミーティングがありました。
百合香さんの本質を突くような鋭い角度からの質問は、
まるで本番さながらのスリリングさがあり、
それに答えていくうちに、自分たちのなかで
よりハッキリと「なぜ生ライブで体現するのか?」
ということについての意味、そして意義を、
明確に整理できました。

本番では、それを最高潮にもっていけたらと思っています。

そして昨晩、ようやく新しいムービー作品のほうも
完成しました!

映像は、海の洞窟に夏至の夕陽が沈むシーンから始まり、
玉城グスクの夏至の朝陽の映像で結んだ作品です。

まるで生きているような写真映像をお楽しみ頂けますよ。

◎日時:10月2日(土) 開場18時半、開演19時
◎場所:ガンガラーの谷・ケイブカフェ
◎講演内容:朗読+フォトムービー+トークライブ
◎出演:平田大一(南島詩人)+桑村ヒロシ(写真)
◎料金:1000円(小学生以下無料)
◎電話予約:098-948-4192

人気ブログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ