« 今朝の沖縄タイムスに掲載されました! | トップページ | ベスト100からの挑戦 »

2010.10.08

天描画家・大城清太インタビュー

101008blog
鳳凰のような羽=(火・カ)、龍のような鱗=(水・ミ)、
でそこに描かれている女神や天界の動物達=(カミ)だと語る
のは、天描画家・大城清太さん
http://blog.ti-da.net/topic_tidana_e3057535.html

大城清太さんは、描く前に手を合わせるといいます。
そこには、3つの“感謝”を込めているのだそうです。
理由についてはインタビュー【後編】に掲載

僕も、記事を書く前に手を合わせます。
それは、精神を統一する為、真っ白な無の状態にする為
の自分なりの作法なのですが、
そのほかにも共感ポイントがいくつも重なるような
貴重なインタビューの機会で、
じっくりとお話を伺うことができました。

文字数にして2万文字。そこからぎゅっと濃縮して
まとめ直した記事を、本日【前編】から公開しました!

明日から浦添市美術館での個展が開催直前だというのに
先日はロングインタビューに応えて頂き、大変感謝です。
ぜひ皆さんともメッセージをシェアできたら幸いです。

■天描画家・大城清太インタビュー↓
http://blog.ti-da.net/topic_tidana_e3057535.html

人気ブログ

« 今朝の沖縄タイムスに掲載されました! | トップページ | ベスト100からの挑戦 »

ryuQ取材を通して」カテゴリの記事

コメント

KUWAさん こんにちは。
大城清太さんの個展
17日(日)に行く予定しています。
亜門さんとの対談もあるなので
楽しみにいています。

銀龍さん、こんにちは。
清太さんの個展、素晴らしかったですよ!
天描画はもちろん、額装など展示のしかたもお見事でした。

ぼくもまた時間があれば2回目を通ってみたいと思います。
亜門さんの回や、ボクネンさんの回も楽しみです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天描画家・大城清太インタビュー:

« 今朝の沖縄タイムスに掲載されました! | トップページ | ベスト100からの挑戦 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ