« マーケティング3.0の幸福論 | トップページ | 夢の中で、潜在意識が宣言した? »

2010.12.24

人の心と感情の科学

101224blog
先日、県内で開催された経営セミナーの取材をして
印象に残っているのが「感情には周波数」があるということ。

現代社会のなかで、少なからずストレスを抱えながら
日々を過ごしていますが、そのストレスの度合いによって
どういう影響が出てくるのか?というのが、
実は数値で表せるとのことです。

例えば、アルファー波という言葉をよく耳にしますよね。
地球の振動数と同じなのだそうです。
アルファー波が7Hz~14Hzの領域で、
地球の振動数は10.8Hzとのこと。

なるほどリラックスしている状態(アルファー波)というのが
“地球の鼓動と同じ”というのはわかりやすいですよね。
心臓の鼓動と波が打ち寄せるリズムは一緒ですものね。

ところがなかなか平常心を保てず、どうしてもイライラ
したりすることもあります。
この時はベータ波を出してしまっているようで、
14Hz~20Hzがイライラ程度。
さらにストレスが強まった執着や怒りや悲しみは
20Hz~32.5Hz。
それを超えるとガンマ波を発していることになり、
身体や精神を害してしまうことになるようです。

その境界が16Hzということですから、
イライラ程度でもその状態があまり長く続かないように
気をつけておかなければならないということです。

そのほか、「人間は“愛”がないと育たない」という話など
続きは、てぃーだな特集にまとめてみました!
→ http://tidana.ti-da.net/e3165784.html

人気ブログ

« マーケティング3.0の幸福論 | トップページ | 夢の中で、潜在意識が宣言した? »

そして、これから」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人の心と感情の科学:

« マーケティング3.0の幸福論 | トップページ | 夢の中で、潜在意識が宣言した? »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ