« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011.12.31

ありがとう宮古島

111231blog
先月の写真展で宮古島に行ってきたばかりなのに、
その翌月に臨時出張で、ふたたび宮古島へ行くことに!

大神島の大きな虹をみて、「次はいつ宮古島へ行けるのだろう?」
と思っていたところ、なんと大神島に行ってくる仕事が巡って来たのは
奇跡といいますか、なかでも今回は、

大神島→多良間島→水納島

という旅のなかでも、水納島というのは、なかなか渡るチャンスの無い島。
とくにこの時期(北風が強い季節)は、波が高すぎて渡れません。
水納島へのチャーター船も、12月はほとんど欠航。
沖縄県内はほとんど天気が悪く雨天続きでした。

ところが、水納島へ渡る日は、見事なほどの晴天で、
波の高さもやや落ち着き、予定通りに船は無事出航することができました!

ほかの家族は、4日間ほど多良間島で待機していたそうですから、
予定していた初日にちゃんと一発で渡って来ることが出来たのは、
まさに神さまのお計らいではないでしょうか?

もしかすると、無事に旅をさせてもらっているのは、仕事を越えて、
目には見えないミッションがあるのでは、とさえ感じている次第です。

というのも、前回宮古で虹を見せてもらった場所は、
800年前に存在していたという宮古の予言者・クバラパーズの
ゆかりの地でもありました。
そして彼の予言で「白い船が現れる時、弥勒世が訪れる」とも。
狩俣の祭祀で、白い帆船が霊視される場所がまた、あの虹が出た場所
でもあったのです。

そして今回の旅では、4冊のクバラパーズ関連書を拝見させて頂きました。
・狩俣出身者でクバラパーズ研究にも詳しいAさんからお借りした『宮古研究』
・狩俣に住む平家の子孫のお宅から『宮古島の平家一族』
・宮古島市の元発掘調査員からお借りした『宮古島郷土史考』
・既に絶版書で再販するつもりがないというSさんの著書。

いずれも貴重な資料ばかりでした。この巡り合わせに感謝です!
そして、これらの書物にも書かれていないことをSさんから直接伺うことができ、
次の課題がみえてきました。そして次回はいつ宮古に行くのだろうと思っていると、
旅の最終日に「来年の春、宮古島で写真展をやりましょう」というお話を頂きました。
前回の写真展とはまた違うところからもお声が掛かったのです。
ますます、ご縁が深くなってきていてビックリです!

来年は、宮古島から扉が開いていくような気がしています。
人気ブログ

2011.12.18

真実を見たいかたは、そっと目隠しをはずしてください。

111218blog2
「真実から目をそらしたいかたは、どうぞ目隠しをしてください。」
「真実を見たいかたは、そっと目隠しをはずしてください。」

あなたはどっちを選びますか?
もし自分に目隠しをしているのが、気づかない自分自身だとしたら…


昨日、帰国して活動開始しはじめたAwichにインタビュー。
10代の頃から、真実を見透かす心眼を持っているアーティストだ。

帰国後、アメリカで体験してきたSpoken Wordを
故郷の沖縄で行った。アメリカ発祥の文化イベントでもあり、
参加者の半分以上は米軍関係者。軍のなかにも詩人がいて、写真家もいる。
想像以上にアーティストな人たちが何人もいて、一人一人にドラマがあった。

Awichと話していると、次々と興味深い話題が。
「米国軍人というと、ステレオタイプなイメージが一方的にあるけど、
戦争に行きたくて入っている人ばかりではない。
それぞれに映画のような人生がある。それを生きている。
貧富の差が大きくなり、食べていけない者は軍でやっていくしかないように…。」

*あえて貧富の差を大きくしているのでは?という問いに対して、

「そうかも。だから、悪いのはその個人個人ではなく、
悪とは、国とか企業とか単純なものでもない。」

*もう何百年も続いているよね?今日とか明日でひっくり返せるものではないけど。
 それを二十歳の頃にAwichは『アンダースタンド』という曲の中で歌っていた。

「あちらの最高トップは、見た目から悪魔的というよりも、恐らく、
神の究極の“愛”をよく理解しているはず。すべてを知り尽くした上で、
行動の選択(はかりごと)をしているのだろうと思う」。冷酷なほどにね。

*もともと、悪魔(ルシファー)は、堕天使。
 しかもルシファーという名は光を表し、闇の人間共も光を名乗る(※)
 光を知りつくした闇は手強い。実際に現実に世の中を支配しているのだから。
 でも…
この世の現実を知り、自分は被害者だと知るよりも、この世の転換者であろう。
To Know the reality of the world would give us a realization to be a world shifter rather than just knowing as their victims.」

人気ブログ

2011.12.11

次は、大神島へ。またしてもキセキ

あの虹が架かった大神島にはいつ渡れるのだろうか?
そう思っていたのだけれど、あれから1ヶ月も経たないうちに、
なんと大神島へ行く仕事が入ってきたんです!ミラクル。

それも県からのお仕事ですから、今度は個人旅行ではなく、
旅費も宿泊費も負担していただけるので、
まるで神様から「行ってこいよ」とバトンを渡されたかのような
タイミング。またしてもミッション!
月食

これは特別な話しに聞こえるかもしれませんが、
実はこうやって、小さな奇跡は誰の身の回りにでも
起きているのかもしれませんよ。

心の感度を研ぎ澄ませて、小さなキセキも見過ごさず、
そして小さな喜びを、大きな感謝で増幅させていけたらいいですね。

人気ブログ

2011.12.05

いよいよ本日より『フォトセラピー写心展』第4弾がスタート!!!

111204blog1
いよいよ本日より、『フォトセラピー写心展第4弾がはじまります。
なんと今年は4回も写真展をする機会に恵まれました!
しかも毎月連続! 大変ありがたいことです。
最初の1回で完全燃焼したつもりが、
まだまだ続いているのですから、奇跡の連続です。

そして今回、展示写真は毎週週替わりで総入替えしていきます。
しかも週ごとにテーマがあり、STORYとなっています。

・第1週:12/5(月)〜12/11(日)
「シマの息吹 〜 生命の輝き(植物・緑など)」

・第2週:12/12(月)〜12/18(日)
「シマからの恵み 〜 母なる海(海・水など)」

・第3週:12/19(月)〜12/25(日)
「シマへの祈り 〜 未来へ!」

111204blog2

日時:12/5(月)〜12/25(日)
   11:30〜22:30(会期中定休日なし)
入場:無料
会場:和風すぱげっち 翁庵
   那覇市牧志1-12-6(久茂地小学校正門近く)

※今年最後の写真展です。どうぞよろしくお願いします。
このほか、東京、福岡、石垣島、などからも
写真展開催へのリクエストが届きはじめています。
皆様とご縁がつながって、実りますように。

人気ブログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ