« ありがとう宮古島 | トップページ | 拝啓・中世の宮古島の予言者クバラパーズ殿 »

2012.01.05

二度のご来光。幸先よい年初め

120101part1_519
120101_part2s519
今年の元旦も天気はよくなかったので、元旦のご来光を拝める確率は低く、
それでも僅かな可能性を信じて、人気日の出スポットの勝連城跡に向かうと、
頂上には沢山の人だかり。駐車場も満杯なので、行き先を平安座島に変更。

到着した頃には、島の人たちの三線演奏も終わり、解散したばかりでした。
あきらかに、タイミングを外したようなのだけど、
浜に立ってみると、分厚い雲から光のカーテンが降りてきました。
(その一瞬を写したのが上の写真)

その後また曇り、小雨まで降って来たので、勝連城跡に戻ってみると、
小雨のおかげで先ほどまで大混みだったのに、もう誰もいませんでした。
そんな天候のなか、頂上に登ってみると、
再びご来光が降りてくるシーンを観ることができました。(写真下)

多くの方々は、雨や分厚い雲にあきらめてしまいますが、
きっと陽が射してくれると、信じていました。

そして二度もご来光を拝めるとは。幸先よいスタートに、感謝!
人気ブログ

« ありがとう宮古島 | トップページ | 拝啓・中世の宮古島の予言者クバラパーズ殿 »

そして、これから」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二度のご来光。幸先よい年初め:

« ありがとう宮古島 | トップページ | 拝啓・中世の宮古島の予言者クバラパーズ殿 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ