« 小さな奇跡 | トップページ | 野外撮影が好きな理由 »

2013.09.10

夢日記(2013/9/10)

130910_519yuri
【深夜1時】
故郷の教会で窓から花の香りがして来たとき、
友人(故人)が来たと分ったよ。百合の香りがそうだろ?おまえだろ?
「あぁ、そうだ。」と答えが返って来た。(涙が出て来たよ。)
いつもは見えないはずの友人と肩を組んだ。

なぁ、友よ。何も無い未来を探ろうとするな。
未来は何も行動しなければ“何も無い”。そうだろ?
」と語りかけてきた。
(あぁ、そうか。その通りだな。)

続けてこう言われた。
何を行動するかで未来(道)が決まる。
肉体があるうちに行動しろ。行動しなければ未来は何もない(開かれない)。
行動とは、これからも写真を撮り続けろ。取材をし続けろ。それが未来につながる。

(目が覚めると、会話内容の記憶が消えていく…。
もうろうとしながら、記憶に残っている部分だけでもメモを残こす。)

そうやって目覚めた直後、身体の右側に違和感を覚えた。
翌朝病院に行くことになり、早めの処方ができて軽めに済んだ。 夢に出て来てくれた友人が助けに来てくれたようなものだった。
それにしても、冒頭から「未来は何も無い(=何も行動しなければ)」というアドバイスは鋭かったし、
「肉体があるうちに行動しろ」とは、(肉体を持たない存在からすると)とても実感のこもった言葉ではないだろうか。
何より、発言している内容がとても的確な助言だった。
「取材し続けろ」というのは、目の前の仕事のことだけではなくて、ほかにも、 「本来やるべき使命のほうもまっとうしろ」っていう意味であると捉えた。
僕がやるべき使命を具体的に示してくれてありがとう。

人気ブログ

« 小さな奇跡 | トップページ | 野外撮影が好きな理由 »

「夢日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10805/58168382

この記事へのトラックバック一覧です: 夢日記(2013/9/10):

« 小さな奇跡 | トップページ | 野外撮影が好きな理由 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ